彼からの連絡が来なくて不安な人は、あの映画を見るべし!?

恋愛のこと、人間関係のことで悩んでいて、気が休まらない。街はホリデーシーズンだというのに、ちっとも心がはずまない……という方。その悩み事をちょっと別の角度から見つめるために、映画のDVD鑑賞はいかがですか?

今回、エキサイト電話占いの青山瑠輝愛先生が、お悩みの事例別におすすめタイトルをピックアップしてくれました。

彼からの連絡が来ない、遅いと不安でいっぱいの人へのおすすめ作品


『華麗なるギャツビー』
舞台は1920年代のNYで、レオナルド・ディカプリオ主演ということで大変華やかに描かれています。ディカプリオ演じるギャツビーは、愛する人の為だけに自分の生い立ちを全て塗りつぶすかの如く、5年間、必死に地位や権力を手に入れようと努力します。しかし相手の女性はその5年間、『それなりの』結婚生活を送っています。とあるきっかけで二人は出会い一時は熱く燃え上がりますが、過去は取り戻せずに物語は終わります。
映画ですから壮大なスケールで描かれていますが、恋愛の部分だけを切り出すと、このようなことはよく起こると思います。自分が思いつめている分、相手もなにか考えているはず……という錯覚を起こしがちですが、相手と自分が同じ考えであるという思い込みや錯覚を今一度リセットしてみられることをおすすめします。
映画では5年ですが、一週間でも構いません。『一週間LINEが来ない……』と思いつめているのと同じだけ、相手が一週間返事をしていないことに対して、何かを考えているかというと、実は何も考えていらっしゃらないことも多いですよね。ただし、『何も考えていない』=『脈がない』かはまた別の話ですが。


人間関係で悩んでいる方・苦手な人がいる方へのおすすめ作品


『サイレントヒル』
もともと、人気のゲームが映画化されたものですが、ゲームファンをがっかりさせないよう大変忠実に描かれています。ホラーですので残酷なシーンも多く、苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、登場する化け物が自然体かと思わせるほど、人間の保身のためのエゴや弱さに大変ぞっとさせられます。
この映画では、母親が失踪した娘を探すために翻弄する様が描かれています。愛する我が子のために異空間をさまよい、恐怖に立ち向かう母親、娘を見捨てた母親、それでも母を恨めない娘、保身の為に自分を魔女と決めつけ火炙りにしたカルト集団、その者たちへの恨みが生んだもう一人の自分……様々な人物が登場しますが、人は皆、どのキャラクターにも当てはまる部分を持っていると思います。また、弱さほど恐ろしいものはないと感じさせられます。復讐からは何も生まれないとは言いますが、恨みつらみを心に抱えて過ごすよりも『そんなに自分が悪いのか?』もしくは『そんなに自分が可哀想なのか?』など、今のご自身を取り巻く人間関係を一旦客観的にみて、冷静な現状把握をなさった後、負けるが勝ちも良し、挑むも良しではないでしょうか? ただただ自分を責める、相手を恨むだけでは、解決できないように思います


金銭的な不安が大きい方へのおすすめ作品は


『自虐の詩』
阿部寛さんが演じる典型的なダメ男イサオ。そのイサオを健気に支えるユキエ(中谷美紀)との日々をユーモラスに描いたヒューマンドラマです。ストーリーは単純ですが、映画の中でお二人が暮らしているアパート、食事、全て質素ではありますが、特に不足もなく愛情が溢れています。『お金が無い……底を尽きるかも知れない……』とても恐ろしいことですよね。でも、生活水準は上がる時は勝手に上がります。そこにエネルギーはそんなに必要ありません。しかし逆にいざ下げようとしても、時間やエネルギーがかかり、何かを処分したくともそこに金銭の負担がかかる場合も多々あります。なにを『普通の生活』と呼ぶかは、収入により様々ですが、金銭的な危機感を感じていらっしゃる方は、少しずつ不要なものを切り捨てていきましょう。幸運が入り込むスペースを先ずは空けておくことが大切ですよ。

いかがでしたか? 年末年始のお休み中はDVDを見る時間もとりやすいと思います。「私のこんな悩みには、どんな映画がおすすめ?」と気になったら、ぜひ先生に直接聞いてみましょう!

●エキサイト電話占い 青山瑠輝愛先生のページはこちら
http://d.excite.co.jp/prof/696641/
(山口ともえ)

関連記事

今、あなたにオススメ