友達に恋愛相談するときに気を付けたい3つのこと

恋をしていると、誰しも不安を抱くもの。気になるあの人にどうやって話しかけよう、どうやってデートに誘ってみよう、いつ告白したらいいだろう。そんな片想い中の甘酸っぱい悩みから、付き合ってからの恋人との距離感についてまで、恋に悩みはつきものです。
 
このように壁にぶつかった時に友人に相談をすると、アドバイスをもらえたり、気持ちがすっきりしたり、勇気をもらえたりと非常に心強いですよね。だからこそ、恋愛で悩んだら友人を頼る、という人は多いでしょう。
 
しかし、行き過ぎた恋愛相談は大切な友人関係にヒビを入れることも。先日、知り合いの女性が「いつも恋愛相談をしてくる友人がいる。初めは良かったけれど最近は付き合うのがしんどい」と愚痴をこぼしていました。そこで、今回は恋愛相談をする際に気を付けたいポイントをご紹介します。

1.最初に相談の目的を告げる


終わりの見えない話に付き合わされるのは、誰にとっても苦痛なものです。まして目的の見えない話ならなおさら。そこで、まず最初に相手にどのようなスタンスで聞いてもらいたいのか、相談の目的を伝えましょう。
ただ話を聞いて共感してほしいのか、励ましてもらいたいのか、アドバイスをしてほしいのか。最初にこれを提示するだけで、相手は「どういうリアクションをとればいいのかわからない」というストレスから解放されます。

2.相手のアドバイスを反映する姿勢を見せる


恋愛相談されていて、つらいと思った理由として挙げられるのが、「相手にせっかくアドバイスをしてみても実践するそぶりがない。自分が話を聞いていても無駄だなと感じてしまう」という意見でした。確かに、相手の込み入った話を聞いて、なんとか苦心してアドバイスをしたところで相手が全く変わらないようでは、「この相談意味あるのかな……?」と疑問に思ってしまいますよね。
アドバイスのすべてを反映する必要はありません。大切なのは、相手に「自分が相談に乗ったことで事態が好転してくれそうだ」と思わせること。「この前相談してきた時と事態が全く変わってないじゃん!」と相手に思われてしまうのは最悪です。

3.親しき中にも礼儀あり。気づかいは忘れずに!


これは基本中の基本です。例えば、深夜の非常識な時間に恋愛相談のLINEを送ってはいませんか? 恋愛しているとつい視野が狭くなり、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまいがち。しかし、それにかまけて友人を大切にできないようでは恋愛もうまく行きません。相手にも生活があること、相手には相談に乗ってもらっているということを常に忘れないようにしましょう。
 
また、気を付けたいのが、相手の恋の状況。例えば、相手が失恋したばかりの時に「最近彼氏ができたんだけどね……」などと相談したら無神経ですよね。これは相手によっては深夜のLINEよりも怒らせる原因となります。恋人がいない友人に、恋人がいる状態で相談する時にも要注意。相談と見せかけた、ただのノロケが一番相手を嫌な気持ちにさせるものです。もしノロケたいのであれば、最初に「ノロケなんだけど聞いてくれる?」と切り出しましょう。その方が「仕方ないなぁ」と相手も聞いてくれます。
 
そして忘れてはいけないのが感謝の言葉。いつも同じ相手に相談に乗ってもらっている場合、相手は「なんでいつも私なの」と思っているかもしれません。「あなたが相手だと話しやすい」などのフォローの言葉があると、相手も悪い気はしないはずです。
 
これらのポイントは、実は仕事の愚痴を聞いてもらう時などにも気を付けたいことです。「相談美人」になって、恋も友情もつかんではなさないようにしましょう!
(五百田達成)

【お知らせ】作家・心理カウンセラーの五百田 達成氏の最新刊「察しない男 説明しない女」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が好評発売中!
理屈っぽくて、上下関係が大好きで、なめられたくないのが、男。感情的で、感覚的で、言わなくてもわかってほしいのが、女。男性と女性は、どうやったらうまくコミュニケーションを取ることができるか。ビジネスマンにも、パートナーともっと良好な関係を築きたい人にも役立つ、「伝え方」本の決定版!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡