結局モテるのはヒマな女子という事実

結局、どんな女子が男子にモテるのか? これはあらゆる女性が気になっていることだと思います。美人な子? オシャレな子? 気配りが出来る子? 自分を持っている子……? 今回は少し違った角度から「モテ」を見つめていきます。

女子高生の至言


先日、高校生の女子にクラスではどんな子がモテるのか聞いてみたら「ヒマな子」という答えが返ってきて周りの大人たちが大笑いするという一場面がありました。これはまさに至言。
 
確かに、今も昔も、結局モテるのは「ヒマな女子」です。こまめに電話をし、メールをし、LINEをする……。そういった少し面倒なことにも時間をたっぷりと割けるマメな女子が、男子の心をつかむわけです。
これは、男子の「モテ」にも言えること。LINEの返事が遅い、返ってきても短くそっけない言葉ばかり……という男子よりも、すぐ返事を返してくれて、その上返事が丁寧で長い男子の方が、「私のこと好きでいてくれる?」と思って好印象を持ちますよね。

忙しい素振りが男子への壁をつくる


そう考えると、かわいいのに何故彼氏がいないんだろう? と思わされる女子は、なんだかいつも忙しそうにしていることに気づきます。日々の会話も、「最近寝てなくて……」「次いつ休めるかな……」など、あまり余裕がなさそう。こういう女子は、同性の友人から見ても遊びに誘いづらいもの。同じ女子でさえそうなのですから、男子はなおさらです。
男子はプライドが高い生き物。遊びに誘って断られた時、たとえ本当にその日に用事があったのだとしても、「フラれた」と感じてしまうものです。一度断られてしまうと、男子は「また断られたらどうしよう」と不安になり、次誘う時に躊躇ってしまいます。

というか、一度でも誘ってくれるならまだいいほうです。草食系男子が一般化している昨今、拒絶されることを恐れ、最初からあきらめてしまうというケースも少なくありません。
それならば、自分のプライドが傷つけられる心配のない、「いつ誘っても来てくれる女子」を誘ってしまうのは必然のことです。これが「ヒマな女子」がモテる仕組みです。

意地でも「ヒマだよ」と言ってみる


何故モテないんだろうと悩んでいるあなた。まずは男子にとってのハードルを低くしてみませんか。「最近忙しいんじゃない?」と聞かれても、意地でも「そんなことないよ。ヒマだからいつでも誘って」と言ってみる。「誘ったら来てくれそう」という雰囲気を出すことで、男子も自分のプライドが傷つく心配がないと安心し、近寄ってきてくれます。

もちろん、実際に時間を作ることも重要です。時間と余裕さえあれば、なんでもできます。時間と余裕を今までより恋愛に多く割く。時間がとられて煩わしいと感じてしまうようなLINEのやり取りをじっくりしてみる。メイクもいつもより丁寧にする。こうするだけで前よりグッと男性から誘われるようになるはずです。
モテないことを嘆く前に、時間を作ってぼーっとしてみましょう。忙しい忙しいと視野が狭くなっていたせいでチャンスを逃しては非常にもったいないことです。
春は出会いの季節。誘われてもすぐに行けるよと言えるような、フットワークの軽いスケジューリングを心がけましょう!
(五百田達成)

【お知らせ】作家・心理カウンセラーの五百田 達成氏の最新刊「察しない男 説明しない女」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が好評発売中!
理屈っぽくて、上下関係が大好きで、なめられたくないのが、男。感情的で、感覚的で、言わなくてもわかってほしいのが、女。男性と女性は、どうやったらうまくコミュニケーションを取ることができるか。ビジネスマンにも、パートナーともっと良好な関係を築きたい人にも役立つ、「伝え方」本の決定版!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡