春からの新生活"開運部屋"とめぐり合うためには?

新生活に向け、新しい部屋探しをしている人も多いシーズン。自分に合った快適な部屋を見つけて、運気を呼び込みたいですよね。そこで、エキサイト電話占いの名月二夜子先生に、開運に効果的な部屋選びのコツを教えてもらいました。

Q.いい部屋にめぐり合うために、まず心がけるべきことは


自分が住みたい場所や部屋をイメージして、寝る前に、自分がその中で楽しく暮らしている様子を強く思い描いてください。これを21日間続けます。まるで実体験しているかのように強く想像をすると、脳がそれを現実のように思い込んで、そのイメージが具現化しやすいといわれています。この時、絶対にネガティブなイメージをしてはいけません。ネガティブなイメージはポジティブなイメージよりもずっと具現化しやすいので、希望の実現を阻害してしまいます。また、希望の条件を紙に書いて、新月の日に月に向かってお願い事をするのも良いでしょう。気学などの方位術を使って、ご自身の吉方位の不動産屋さんに赴くと、良い物件が見つかりやすいかもしれません。

Q.自分と相性の良い部屋を見極めるときに、間取り図の段階でチェックすべき点は


変なところに扉や間仕切りがあるなど、一般的でなく、心地の悪い間取りは当然避けたいところです。また三角形やひし形、台形など、四角ではない部屋や建物は絶対に避けましょう。相当に不安定な運気になります。さらに、部屋のサイズに対して窓数が少ない、玄関が狭いのはNG。恋愛でも仕事でも、良い出会いが期待できません。年齢が若い人(40才未満)は、西向きの部屋はお勧めしません。

Q.では、実際に内見に行った際にチェックすべき点は


部屋の空気の流れ方です。窓や扉を開けて、風の流れを確認してください。高い建物に挟まれていないかどうかチェックしましょう。空気の循環が悪いなら、運気は停滞していきます。一カ所だけ風通しが良くてもダメで、全体にまんべんなく空気が循環するのが良い部屋です。部屋と人は似てきます。循環の悪い部屋は、新陳代謝が悪くなった人間と同じで、そこに住む人も不思議と活気がなくなるのです。排水管のにおいが充満していないかどうかも大事。部屋の中に臭気が漂うということは、体内に毒素がまわるようなもので、健康を害したり、不健康な考え方をして失敗したりします。風呂場やトイレに風を取り込めないのも良くありません。湿気が多くカビが多く生える水場は、恋愛運を大幅に下げてしまいます。

Q.部屋の外にあるものも気にかけたほうがいいですか?


そうですね。窓の外にお墓が見えると、陰の気が入りやすく、物事が停滞したり、ネガティブになったり、健康を害したりする可能性があります。また隣の建物の角や屋根の先が自分の部屋に垂直に向かっているとか、自分の部屋の中に向かっている突起物が見えると、常に緊張を強いられるようになったり、競争に勝てなくなります。窓を大きな木が塞いでいるのも、陰の気がたまってしまいがち。小さすぎる窓は収入アップが見込めない可能性も。

Q.引越しする前にやっておいた方がいい部屋の浄化方法などは?


引っ越す前の部屋をきれいにすることはとても重要です。引っ越し先と引っ越す前の部屋の両方を、自分自身の手でしっかりお掃除することが一番の浄化です。きちんと汚れや穢れを落としてリセットしてから、新しい部屋に入居すると、出会いや仕事も引き寄せられ、運気もアップします。また、以前住んでいた部屋から引き継ぐものも、新居に入れる前にキレイにして、浄化してあげましょう。地域の神様にもしっかりご挨拶を。今まで住んでいたところの近くの神社仏閣と、新居の近くの神社仏閣にご挨拶のお参りすると良いでしょう。塩やパワーストーンを置いたり、お香を焚くのも浄化に効果がありますが、以上のことを終えてからでないと効果は限定的です。

いかがでしたか? ちなみに、間取りと部屋の東西南北、周囲の様子、入居者の生年月日があれば、先生に直接鑑定してもらうことも可能です。お部屋選びで不安になったときは、相談してみては?
(山口ともえ)
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡