合コンでモテる服装 独り勝ちしたければ服の色に気をつけろ!

合コンに行くとき、どこに気合いを入れているだろうか。服装ではなくてメイクという方も多いのでは? けれど男性は表情重視。だから、メイクは基本的に薄化粧でOK。実は、最も重要なのは……それは、その日の服装だ。服装にこそ合コンを勝ち抜く勝負のカギがかかっている。合コンで独り勝ちするためにも、ぜひ服装にはこだわってみてほしい。

合コンの服装は大事 服の色を見直そう


どんな合コンにいっても、男性からアタックされまくりという女の子はいると思う。もしそんな子と一緒に合コンに参加する機会があったらぜひその子の特徴を観察してほしい。
きっと特別な美人でもなく、メイクが完ぺきな女性でもないはずだ。

実は彼女がモテる秘訣には服装の色が関係していたのだ。男性が女性を覚えるきっかけに使うのは「服の色」。
筆者の友人でも特別美人なわけではないのだがよくモテる女性がいる。彼女は合コンに「柄物」もしくは「色のある服装」をしていることが多いのだ。例えば「赤いニット」「明るいネイビーのトップス」「薄いピンクベージュ」など明るく色みのある服装であることが多い。
男性は女の子を思い出すとき服の色の印象で覚えているという話があるくらいなので、合コンに行く時はちょっと派手な色の洋服をチョイスすれば、男性の印象に残ることができるのだ。

白や黒などモノトーンベースだと男性に覚えてもらえない


よく無難でシックに見えるからとモノトーンの服装で合コンに来る女性が多いが、モノトーンは特に男性に覚えてもらえない可能性が高い。

男性が合コンの後に「あのピンクの服を着ていた子」など、服の色で女性を判別して話をすることが多いのだと友人に聞いて、実は筆者も服の色を明るい色に変えたことがあった。

それまでは黒ベースの服を着ることが多かったのだが(色白で顔色に黒が映えるため)、これを一新して水色のワンピースで行ったのである。びっくりするくらいその合コンでは男性のウケがよかった。

EDITOR

エルメス
韓国×ロシア×日本のハーフ。タレント、女性ファッション雑誌ライターを経て、2016年IT系会社を起業し、経営者に。恋愛・ファッション・美容記事が得意。ホラー映画をこよなく愛する女社長

関連記事

今、あなたにオススメ