遠距離恋愛中、ムラムラしたらどうしてる?

遠距離恋愛というと、なかなか相手と会うことができないため、心のモヤモヤだけではなく、体のムラムラがたまってくることもありますよね。自慰や浮気を別として、ではそんなとき、世のカップルはどうやって対処しているのでしょうか?
彼女と2年半の遠距離恋愛中というK君に、遠距離恋愛中のムラムラエピソード&彼女にしてもらってうれしかったお話を伺ってみました!

彼女と電話で……


遠距離恋愛中の大親友といえば、もっぱら右手ですが、それでも我慢できないときは彼女とスカイプをします。顔を見て話せるってやっぱり良いですよね。露骨にエロい話をするのは彼女が嫌がるので「おやすみのチューをして」とか「今日のパンツ何色?(笑)」なんて冗談半分の軽い下ネタを振ることで、コミュニケーションをとってます。恥ずかしがってなかなか答えてくれませんが、それがまた、いいんです(笑)。

――K君の話とは別に、チャットセックス・メールセックスなんてことをしているカップルも多いそうですが、それらは近年「リベンジポルノ」誘発の原因として話題になっていますよね。画像や動画の送り合いはそうしたリスクもあるので十分に気をつけたいところ。軽いジョークやコミュニケーションが行き過ぎない程度にエッチな会話を楽しむのがベターです。

食べる&寝る


何かの雑誌かテレビで、3大欲求のうち2つが満たされるとそのうちの1つが我慢できるという話を聞いた記憶があって、性欲を抑えるために、バカ食いして寝まくったという記憶があります。そのおかげで太りましたが、確かにその時はムラムラが抑えられたような……勘違いですかね(笑)。

――なかなか斬新な手法!(笑)。女性も男性も試しやすい方法かもしれません。効果があるかどうかはわかりませんが。

可能ならば会いに行く


とはいえ、やっぱり何カ月も離れていれば右手だけじゃだめで、彼女のことが欲しくなります。そんなときにサプライズで彼女が会いに来てくれたことがありました。しかもその日は僕の誕生日でした。
その夜はめちゃくちゃ盛り上がりましたね。そりゃあもう、忘れられない夜になりました。
逆を言うと、これだけ盛り上がれるのは、数カ月に渡るムラムラが溜まっていたおかげかなとも思いますが。
ある意味、遠距離マジックってやつかなと思います。

――やっぱりこれにつきますよね。サプライズというところも良いのかも。なかなか頻繁に会いに行くのは難しいかもしれませんが、定期的に会える日を作ってあげることはきっとガス抜きになるはず。できる回数が限られる分、燃える確率も上がります。長い間ムラムラをため込んで……爆発させればとっても情熱的な夜を過ごすことができるかもしれませんね!

つらいことも多い遠距離恋愛。それぞれのカップルでの乗り越え方を見つけて”スッキリ”した毎日を過ごせますように!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡