婚活中、ついやってしまうNG言動パターン5つ

日夜男女の悲喜こもごもが展開されている婚活。そんな中でも、初めて2人きりで会う(俗にいう「面接」)時は緊張するもの。
ですが、たった一言で一気に興ざめすることもあります。
今回はそんな婚活の初期でのNGな話題5パターンをご紹介します。

「前に婚活で会った人は●●だった」などの婚活経験談


まずはこちら。2人の数少ない共通点といえば婚活の経験です。
失敗したお相手の話やありえない婚活パーティの話など、話題にも事欠かないこともあり、話したくなるのは人情です。
ですが、あまりにも婚活の経験ばかり話しすぎるのは考えものです。
ネット婚活やお見合いパーティで出会ったというのは、もともとが不自然なことだと言えます。ですが、「婚活だけど、ちゃんと恋愛したい!」と考えている人は意外と多いことも事実。そんな時にこれらの話題を振ることは、その不自然さをあえて再確認する結果になることが多いのです。
つまり、「婚活だけど、ちゃんと恋愛したい」という人たちにとっては、わざわざ蒸し返す必要のないトーク。
まだ2人が知り合って間もない時期にはこういった話題を出さないのが無難だといえるでしょう。

プロフィールの内容が本当なのかを探る名探偵トーク


長い間やり取りをしていた相手にやっと会うことができたのであれば、
「プロフィールシートに書いてあることは本当なのか」
「年収欄は本当のことを書いてあるか」
といったことを確認したくなるのは当然です。

事実、プロフィールシートに書いてあることと実際の情報が違っていることも数多くありますし、メールやプロフィールシートの内容と、実際話す内容が矛盾しないか調べるのは婚活における基本中の基本です。
ですが、それを過剰にやりすぎること。これもまた問題です。
私たちの多くは「見た目は子供、頭脳は大人」な名探偵ではありません。そのため、ほとんどの場合そうした質問は「ああ、この人私のことを疑っているんだな」とバレてしまい、お相手にとっては非常に興ざめなことになります。初めて会った段階ではやめておいた方がよさそうです。

「結婚したら●●したい」などの結婚を視野に入れた発言


興ざめ発言シリーズその2。
「婚活なんだから一刻も早く結婚したいだろ!」という的確なツッコミはさておき、「婚活とはいえ、恋愛したい!」という人たちにとっては結婚前のラブラブな気分も味わいたいというのも本音。また、あまりに結婚を露骨に意識させられたくないと考えている男性も多くいるため、結婚を意識させすぎることで、男性側が引いてしまう可能性もあるため、深い中になるまではやめておいた方がよさそうです。

「男友達はいるけど恋人は全然いない~」などのサバサバ系アピール


よくあるのが「男っ気のなさ」「親しみやすさ」アピールのつもりでサバサバ系アピールをしたところ逆効果になるパターン。
婚活で難しいのは、お相手がサバサバ系が好きなのか、女子力高めの女性が好きなのか、短時間のやり取りではわからないことが多いこと。
女子力高めな女性が好きな男性にとってはサバサバ系アピールは百害あって一利なし。相手のニーズを見極めるまでは特定の人にのみニーズがあるアピールは避けた方が無難です。

「料理が得意」「子供が好き」などの女子力アピール


「女子力アピール」は一見男性には有効そうです。ところが、「料理が得意」「子供が好き」といった女子力アピールは一歩間違えば、「専業主婦願望」と受け取られかねないデメリットも。
最近は「自分が損をすることを極端に嫌う」人も多くいます。よく言えば平等志向、悪く言えばケチということになりますが、結婚における専業主婦希望は「自分にとっての損」と受け取る男性も、また多いのです。
本来であれば夫婦の家事分担などはそれぞれの状況やスキルによって変わってくるもの。こうするべきだという答えがなく、長い時間をかけてすり合わせるべきものである以上、少なくとも初期の段階ではアピールしすぎない方がよさそうです。

以上、いかがだったでしょうか。婚活において、実際に2人で会うというのは、「友達以上、恋人未満」の非常に微妙な関係。そこでのポイントはあまり過剰なアピールをすることではなく、とにかくその場を盛り上げる、「また会いたいな」と思わせることではないのでしょうか。
(古田ラジオ)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡