実は最も生きにくい世代!? アラサー独女の嘆きあるある4つ

私の元に、あるアラサー独身女性からのメールが届いた。

「私は29歳。大学生時代から交際し結婚も考えていた彼に『君は強いから一人で生きていけるよ』と振られてから、仕事を頑張ってきました。OL時代に資格を取得し、会社を辞め起業してやっと仕事も軌道に乗ってきた今、ふと周りを見渡せば、いい男は全然いなくて……。それどころか、今まで『デキ婚なんてみっともないよね~』って言ってた友人や両親も、『子供は早く産んだ方がいい!』みたいなことを言い出すようになったんです……」

――私は以前「未婚VS既婚 どっちがいいの?」というコラムを独身、既婚、バツイチ、それぞれの視点から書いた。各状況ゆえの愚痴や幸福があったが、人とは勝手なもので『“自分の立場”というものを簡単に人にススメてしまうところがある』のが大きな特色だった。

それから時が経過した今も、状況は大して変わっていないらしい。
このような女性の心の声は、他にも多く聞く。なぜこれほどまでにアラサー未婚女性は生きにくいのか……。その原因を探ってみた。

1 親・親戚・友人の干渉


・「実家に帰ると、必ずと言っていいほど親戚からの尋問が始まるんです。おばさん達から『まだ相手はいないの?』『早く孫の顔見せてあげなさいよ!』だのなんだって……。親もそれに乗っかって『別に玉の輿なんかじゃなくていいから』って攻撃してくる。こ地元の男性の平均年収を越える位仕事を頑張っているのにそれは絶対にホメられない……。ホントに帰省は毎回ウンザリ」

――実家が田舎にあるアラサー独女なら思わず「うんうん!」と頷くだろう。思い返して欲しいが、大抵の人は“自分が通って来た道”を最適なものだと思っている。それ以外の生き方をしている人を見ると「自分が否定された気分になる」ので、自分と同じ生き方を押し付けようとするのではなかろうか。
また女性は「出産年齢のタイムリミット」があるので余計厄介に。そこに肉親や友人まで絡んできて、「早く結婚しなよ!」「出産しないと!」という、アラサー独身女性にとってはおせっかいな忠告のできあがり、というワケだ。

2 同世代の男性たちがもはや若い子しか見ていない


・「コンパに行ったら、衝撃を受けた。確かに男性はアラサーだったけど、女性たちはみんな学生か、新卒並みに若い! みんな平成生まれで、ホントのアラサーなんて私だけ。もちろん男性たちは若い子に行っちゃうし、最悪だった」
・「大学のサークルで付き合っていた元彼と、バッタリ会ったんだけど、どうやら結婚をするらしい。相手はなんと、サークルの後輩! 『おめでとう』と必死で笑顔を作りつつも あぁ、そうですか、あんたも若い子がいいんですね……って、その日はヤケ酒に走った」

――これも「アラサーあるある」のひとつではないだろうか。昭和生まれには信じられないことだが、平成元年生まれはもうすぐ27歳! 「美空ひばりって音楽の教科書に載ってましたよね」「消費税って生まれた時からありました」……という世代相手に男を取り合うなんて見苦しいし、女としての矜持も傷つく。「男って若い子が好きなのよね~」と、妙に余裕かましてしまうのもアラサー独女の特徴。その物わかりのよさと諦めが、より一層男性を遠ざけてしまうのがまた悲しいところ。

3 かといって年下男子がイイ訳でもない


・「同年代にイイ男がいないので、『こうなったら青田買いや!』と、年下男子に走ったとしても、お金はないし、デートだと割り勘どころかこっち持ちも多くて……。仕事の話をされてもそのいい加減さや向上心のなさにイライラ。私、あんたの成長をこれ以上待てません」

――これについても以前「年下男子との恋が大ブーム!? なぜ彼らはわざわざオバサンを選ぶ?」
1
2

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ

新着記事