男子が「下心なしで」使う本気の口説き文句4パターン

ここだけの話、男性が女性を口説くときにものすごく困るのは「誠心誠意、下心なしで口説いているのに、やりたいだけでしょ?」と、女性に思われてしまって、話の出口がなくなってしまう、ということだったりします。
女性は「やりたいだけでしょ」という爆弾発言を投下すれば、イヤな男性からの誘いを断ることができる、ということですが、でも、以下にご紹介する男性の発言は「下心なし」と解釈してみてもいいのではないでしょうか。

1:結婚を前提で


「結婚を前提で付き合ってほしいと、ぼくが言いました。彼女はまったく信用していませんでした。結婚を前提にと言えば、結婚を前提にであって、それ以上でもそれ以下でもないんですが」(27歳・広告)
口説くタイミングが悪いと言えば、それまでのことかもしれませんが、「結婚を前提に」と言ってそれを信じてもらえない、ということが続くと、男性って「女ってやっぱさあ……」くらいの憎らしさを抱くのではないかと思います。

2:ホントにしたいだけじゃないからさ


「エッチしたいだけじゃない! というのって、どう言えば、女性に信用してもらえるんですかね?」(25歳・コンサル)
実際に付き合って「ね、やっぱりエッチしたいだけじゃなかったでしょ?」とならないと信じてもらえないのだと思いますが、付き合う手前でこの議論になると「卵が先か鶏が先か」と同様に、出口がないですよね。「絶対に鶏が先だ」と言いくるめられたら付き合う女子……というのも知っていますが、たいていの場合、残念な結果になっているようですし……。

3:送ってあげるよ


「女子って、なぜ、車で送ってあげるからと言うと、下心ありの男みたいに感じるんでしょうか。雨が降っているから送ってあげると言っているだけなのに」(28歳・建築)
カーセックスが嫌いな女子ってこと? いえ、男子は本気で「ちゃんと送ってあげる」と思っているんです。

4:ぜんぶが好き!


「彼女のことを口説いているときに、あたしのどこが好き? と聞かれました。ぜんぶ好き! と言ったら、あたしのなにを知ってるの? と笑われました」(25歳・飲食)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ