ダイエット中にお酒と上手に付き合う方法

こんにちは。Julietハミです。桜もキレイに咲いて、お花見シーズン到来☆ 歓送迎会が多くなるこれからの季節。お酒を飲む機会も増えるんじゃないでしょうか? 適度な飲酒は血行促進にも良い効果があったり、お付き合いのコミュニケーションツールとしても大切だと思います。でも、残念なことにお酒はダイエットの敵でもあります……。

今回はダイエット健康協会認定のインストラクターの資格を持つ私が、ダイエット中のお酒との上手な付き合い方についてご紹介していこうと思います!

まず、『お酒=太る』というのはなんとなく聞いたことがあるかと思うんですが、じゃあその『太る理由』は一体何だと思いますか??
ここをしっかり理解することが、ダイエット中にお酒と付き合って行く上でとっても大切なんです!

飲み終わった後の締めのラーメン……なんていうのは問題外ですが、お酒を飲むと太ってしまうのには体のメカニズムも関係しているんです!

どうしてお酒を飲むと太るの?


アルコールは体に入ると毒物と判断されてしまいます。そのため、体はお酒を摂取したときから、この毒物の分解と処理を最優先で行います。
お酒を飲んでいる間中、体の中ではず~っと、アルコールの処理に追われているというわけなんです。

その結果、本来のいろいろな機能を果たすことができず、飲食した物のエネルギーが余ってしまう。そして、余計に多く脂肪細胞に運び入れられた結果、太ってしまう……。

さらに、アルコールを摂取すると摂食中枢が麻痺してしまい、抑えが効かなくて食欲が過剰になってしまうことも肥満の要因のひとつ。

気付いたら目の前にあった山盛りの唐揚げを食べきっていたり、いつのまにかポテトが胃袋に消えていたり、お腹いっぱいのはずなのにラーメンが食べたくなったり……。
お酒を飲みながらだと、普段はしない暴食に走ってしまう……なんて経験をしたことがある方も少なくないんじゃないでしょうか?
それには、こういった原因が関係していたんです!
そして、お酒にはダイエットの敵である『糖質』をたくさん含んだ物も多いので、そこも気をつけたいポイントです!

どんなお酒なら太りにくい?


お酒はダイエットの敵。それでも上手に付き合う方法はあります。たとえば、お酒を飲むにしても、太りにくい種類のものを選んでみてはいかがでしょうか?

『糖質』の観点から行くと、ウイスキー、焼酎甲類、糖質0発泡酒などは糖質が0なので、単体だと太るリスクはほぼないと言えます☆ 焼酎をお茶で割ったりしてももちろんOK。
続いて、赤ワインや白ワインも比較的低糖質なのでおすすめです。
要注意なのはビールや発泡酒、そして甘~いカクテルは、単体でも太るリスクでいっぱいなので気をつけて下さいね!

選ぶメニューにも気を付けよう


飲みながら食べるメニューにも注意しましょう! 飲酒をしていない状態でも、体に吸収しやすい炭水化物はやっぱり気をつけたいところ! 分解しきれない分、いつも以上に吸収してしまいます!

なので、低糖質で高タンパクなメニューがオススメ☆ お花見のおともなら枝豆や焼き鳥、イカ焼きなんかがオススメ。
外食ならお鍋や、焼き魚やサラダ、大豆製品など。居酒屋さんにも低糖質なメニューはたくさんあるので、なるべくヘルシーな物を選んでみて下さいね。
ピザやパスタ、ヘルシーに思われがちだけど、お米をたくさん食べることになってしまうお寿司にはご注意を~!!

ほんとうに食べたいものか考えてみて


飲酒中は、アルコールで麻痺してしまう満腹中枢。なので、いつも以上にしっかり噛んで食べましょう! そして余裕があれば口に運ぶ前に、本当に食べたいのかどうか考えてみて下さい。『とりあえず』でたくさん注文し過ぎないのもポイント!

多少飲んでも大丈夫! むしろ適度に、楽しく飲んで下さい。お酒と上手に付き合って、ダイエットも成功させましょう☆
(Juliet ハミ)

EDITOR

Juliet(ジュリエット)
マイコ、ユミ、ハミの3人ボーカルユニット。デビュー曲「ナツラブ」を始め、共感度200%のリアルな歌詞が10代~20代の女子を中心に絶大な支持を獲得

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡