くびれや美髪のモト! 女性ホルモンで魅力をアップさせるコツ♪

こんにちは。Julietハミです。ダイエットインストラクターとしての資格を持つ私が、今回は「女性ホルモン」についてお話しようと思います。
女性ホルモンはキレイの源でもあり、キレイの味方でもあります! そんな女性ホルモンをたっぷり分泌させて、どんどんキレイになりましょう! 

女性ホルモンには、くびれや美しい髪、肌を作ったり、気持ちを明るくしてくれる働きがあります。キレイの源と言われるのはそのためです。
女性ホルモンが減ると、大脳の視床下部でコントロールされている自律神経にも乱れが生じてしまい、そのため、食欲がアップしてしまったり、内蔵脂肪が燃えにくくなってしまったり、基礎代謝まで落ちてしまい、太る原因になってしまうんです……。
だから、自分磨きをしたいのならば女性ホルモンを増やすのが一番! でも、女性ホルモンってどうやって増やせばいいのでしょうか? すぐに試せる3つの方法をご紹介します。

トキメキ&幸せ効果


よく『恋をするとキレイになる』なんてセリフを聞きますが、あれは都市伝説ではありません(笑)。
恋をするとファッションやメイクに気を遣うようになって一気に垢抜けるから可愛くなる……と思いがちですがそれだけではないんです。もちろん、その効果も大いにありますよ。女の子が恋した時の自分磨きパワーは絶大ですから。でも、そこには女性ホルモンの力も隠されていたんです。

幸せやトキメキを感じることにより、女性ホルモンは内側から分泌されます。そうすると、肌ツヤが良くなったり、気持ちが明るくなることから表情が明るくなり、代謝が上がって痩せやすくなるんです。
恋をすること、幸せを感じることは一石二鳥、いや三鳥くらいでキレイになれちゃう最高のサプリメント! ぜひ、いつでもトキメキを忘れない心を持ち続けてくださいね。

食事


みなさんも一度は「大豆イソフラボン」という名前を耳にしたことがあると思います。いろいろな商品になっていたりして、メジャーになっているので、有名ですよね。
その名の通り、大豆イソフラボンは大豆にたくさん含まれている成分で、女性ホルモンに似た働きをしてくれます!

納豆やお豆腐、豆乳などに含まれているので積極的に摂取したいおすすめの成分なんです。でも、くれぐれも摂り過ぎには注意!

一日に採る量の目安としては、納豆なら2パック位、お豆腐なら1丁位、豆乳だと200ml位が適量。ちなみに我が家にはこの3点は常にストックしてあります(笑)

美肌効果とバストアップ効果にも期待できるので、ぜひ食事に取り入れてみて下さい。
食前に豆乳を飲むと、イソフラボンが摂れるうえに食べ過ぎの防止、さらには血糖値の急上昇を抑えて、食べた物の吸収率を下げる効果もあるので、とってもおすすめです。

アロマ


自立神経のバランスが崩れると、女性ホルモンも分泌されにくくなってしまいます。アロマの効果で心を穏やかに落ち着かせて、女性ホルモンを分泌させましょう☆

女性ホルモンアップに効果的だと言われているアロマは
・ローズ
・ゼラニウム
・クラリセージ
・イランイラン など。

簡単にアロマを取り入れる方法としては
1.アロマディフューザーやアロマポット、キャンドルから香りを楽しむ
(無ければハンカチやカップのお湯に1、2滴垂らして、香りを楽しんで下さい)

2.アロマオイルをお風呂に入れてバスタイムを優雅に♪ リラックス効果も抜群です。

3.アロマオイルを使って気になる部分をマッサージ。香りに癒されつつ、脂肪もほぐしていきましょう。

いかがでしたか? 女性ホルモンをどんどん分泌させて、お手軽にもっともっとキレイになっちゃいましょう☆ ぜひ、参考にしてみて下さいね。
(Juliet ハミ)

EDITOR

Juliet(ジュリエット)
マイコ、ユミ、ハミの3人ボーカルユニット。デビュー曲「ナツラブ」を始め、共感度200%のリアルな歌詞が10代~20代の女子を中心に絶大な支持を獲得

関連記事

今、あなたにオススメ