「初めての彼氏」や「初エッチ」は女性のその後にどう影響するか?

気がつけば年度が変わり、この四月から新社会人、大学生になったという女性も多いだろう。しかしそんな女性たちのなかにも「まだちゃんと交際したことはない」「これから初めて異性と付き合う」……という人もいるかも知れない。
私は以前の記事のなかで“女はPCのフォルダのように、男性とのやりとりをしっかり「名前をつけて保存」している。しかもタイトルだけでなく内容も覚えていて、これらはいつでもドラマのように再生、再現することが可能”と書いたことがある。
初恋を引きずりがちなのはロマンチストな男性側の方かも知れないが、女性だってその記憶力の良さで“初彼”に対するエピソードを意外と細かく覚えているものだ。それも幸せの甘い情景ならばよいが、「あんまり好きじゃなかった」彼の言動も丸ごと全てだ。

今回は「初めて付き合った男性がその後の女性の人生に及ぼす影響力」についてリサーチした。よい影響を与えた彼、その逆の彼……それぞれの女性の意見を聞き比べてみて欲しい。

悪影響……彼のせいで、その後の恋愛が億劫に!


・「学生のときの初彼は、いま思えばかなりの俺様系だった。自分のスケジュールを優先し、講義を休ませて私を連れ回したり、ごはん作らせたり……。都合のいいように使われてたと思うけど、当時は気付くはずもなかった。以来『男には尽くさなきゃ捨てられる』『男には従え』みたいな脅迫観念があるかも」(20代・秘書系関連職)

・「初めて付き合った年上の彼に三股をかけられ、心も体も弄ばれた末にポイ捨てされたショックは今でも決して忘れられない。いまは誠実な人と付き合っているけど、心のどこかで『あなたも所詮男……どうせ浮気するんでしょ?』って思ってるし、相手にもそれが伝わるのか『なんか冷めてるよね』ってよく言われる。こんな私にしたアイツが憎い」(30代・プランナー)

・「初彼はものすごくエッチがヘタだった(笑)。爪は伸びてて痛いし、自分勝手に動くし(笑)。そのクセ何度も求めてくるしで、正直苦痛だった。初めてがそんな男だったので、私は今も性行為に対して積極的になれず、男性を遠ざけてしまう……。初めての男性は絶対慎重に選ぶべき!」(20代・アミューズメント事業)

――「初彼はとても優しくて、今でもいい思い出」という意見もかなり聞かれた。けれどもそれを上回ったのが「初彼に残された傷跡」の数々だ。特に「性的なトラウマが残った」という声は多し!「最初の彼氏」つまり「初エッチする相手」は慎重に選べ! という教訓かも知れない。

いい影響……初彼のおかげでよりよい自分になれた


・「イケメンの初彼は職も優しさもナシのロクデナシだったので、それをバネにして、次は穏やかな男性と付き合いました。元彼が“顔だけのヒドイ奴”じゃなかったら、ルックス的には好みじゃない今の彼のことはきっと選ばなかったと思う。『男は顔じゃない、ハートだ』って遠回しに教えてくれたのはあのロクデナシの元彼(笑)。おかげさまで今はとても幸せです」(20代・教師・講師)

・「初めての彼は私に新しい世界を見せてくれた。株の売買が趣味だった彼がいろいろ教えてくれるうちに、私ものめりこむように……。彼とはもう別れちゃったけど、私にはその知識と興味が残って、今ではそれが生涯の仕事です。彼と付き合わなければ絶対他の仕事に就いてたと思う」(30代・証券会社勤務)

・「小さい頃から女子校育ちで、男性不信気味だった私に優しく笑顔で接してくれた初彼。セックスも含めて『男性ってけっこういいものだ』と思えるようになり、大げさに言えば人生観も変わった。環境が変わってその人とは一緒にはなれなかったけど、今でも男の人と付き合う意欲を失ってないのは、間違いなく彼のおかげ!」(20代・人材派遣会社)
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ