こんな性格の人は要注意。結婚に必要な意外な資質とは

「結婚に向かない性格」と聞くと、皆さんはどんな性格を想像しますか? おそらくは、自分勝手でわがまま、マイペースで協調性がない、ひとり好き、面倒臭がり、潔癖性……などの性格を挙げる人が多いのではないでしょうか。そしてもうひとつ、見落としがちなある性格の人も、結婚のチャンスを見送ってしまいやすい傾向があるようです。

“遠慮”から電車を見送ってしまうタイプは注意!?


それはズバリ、いざというときに謙虚になりすぎるタイプ。例えば、以下のように考えてしまう人を指します。
・彼の親に結婚を反対されたとき→「私じゃ彼の親に喜ばれないし、彼にも悪い」
・自分がそれなりの年齢に達しているとき→「彼の子どもを産めるか分からないから、自分は彼に相応しくない」
・他に彼のことを熱烈に好きな女性がいるとき→「私より彼女のほうが似合う」「あの子から奪うことはできない」

上記のように考えた結果、自分から身を引いてしまう。相手は自分と一緒にいることを望んでくれているのに、いざというときに「私なんて……」という自信のなさが出たり、相手や周囲に対して遠慮や思いやりを発揮しすぎて、結婚のチャンスを逃してしまう。これは、ちょうど混みあう電車に大勢が乗車しようとしている際に、「私は次の電車でいいや……」と早々に諦めて他人に譲り、次の電車を待つような性格と似ているように思います。

人として考えるならば、このような人は謙虚で、大きな美徳を持った人だと言えるでしょう。ただ、美徳は必ずしも幸せを連れてくるわけではない、そんな考え方もあります。フランスのサド伯爵が執筆した『美徳の不幸』という書籍には、「美徳を守ろうとする者には不幸が降り掛かり、悪徳に身を任せる者には繁栄が訪れる」なんて一文が登場します。美徳を重んじすぎると、残念ながら、現実世界では損をすることもある――。彼はそんな世の摂理を述べたかったのかもしれません。

幸せをつかみ取るには、時に“図々しさ”も必要!?


恋愛や結婚は、ときに「市場」と呼ばれたり、「戦場」と捉えられたりすることもあるように、時に「欲しい!」と手を伸ばす勇気、勝ち取る勇気が必要な瞬間もあるように思います。実際に結婚に至ったカップルの中には、巧みな戦術や、「なにがなんでも」というアプローチを実践したからこそ相手と結ばれた、という例も少なからずあるもの。また、だますほどのレベルではないにしろ、相手にちょっぴり秘密を隠していたり(笑)、強引に周囲の反対を突破したり、自分の人生プランに相手を巻き込んだりと、いい意味での“図々しさ”があったからこそ結婚に至れた、という例も見受けられます。

何より、恋愛や結婚の成就には双方の意思が必要。片方が遠慮して「二人の幸せ」に手を伸ばそうとしなければ、相手のほうも寂しく思い、諦めてしまう、なんてこともあり得るでしょう。「いざとなると、『私なんて……』病にかかってしまうのだ」と教えてくれた友人もいますが、そのような自信のなさや、親や周囲の目を優先させてしまう「いい子」のマインドが原因であるケースもあるようです。

これらの思考に思い当たる方は、性格を大きく変えるのは難しくとも、自分にはそうした傾向があるようだ、ということはぜひ自覚しておきましょう。そして「恋愛や結婚のチャンスは、電車のように頻繁に、定期的には来てくれない」ということも、しっかり胸に留めておくといいと思います。「今回はいいや」と自分から身を引いてしまったら、なかなか次が来ず、待ちぼうけの状態になってしまう、なんてこともあるでしょうから……。

この人だと思う相手に出会えたときや、幸せになれるチャンスだと感じるときには、ぜひ勇気を出して。どんなに自信がなくても、せめて自ら身を引いてしまうようなことはないように。静かで強い意思を持って、自身の幸せをつかみ取るために立ち向かっていってほしいなと思います。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡