注目株の「三平男子」。見極める上で一番大切なことは何?

バブルの時代はお付き合いや結婚をする男性選びの基準に「3高」というものがはやりました。三高とは”高学歴、高収入、高身長”の三つの「高」を指します。

しかし、最近は三高というポイントをお付き合いや結婚の条件に出す女性は、かなり減ってきています。どちらかというと「三平」がはやっているようですね。
三平というのは「平均的な性格、平均的な収入、平均的な顔」ということだそうです。

バブル時代の条件より、理想は下がってきたような気がしますが……恋愛コンサルタント的に申し上げると、「意外にいないかな~?」という気持ちです。
なぜなら「平均的」というのは、個人差のある問題ですし、全てそろった人は既婚者だということが多いからです。

「三平男子」を見つけるのは大変?


そのため、最初から三つの平均を求めることは、なかなか大変です。
特に「容姿」と「収入」は、結婚したことで平均的になった……という人も大勢いますから、最初から平均的な男性を求めるとなるとちょっと難易度が上がってしまうんですよね。
容姿についていえば、独身時代の変な洋服を奥さんに捨てられ(笑)、センスの良いものを選んでもらったら、少しよくなったということもあります。
収入は、子供などの扶養家族が増えたことで、仕方なく仕事を頑張ることにしたらアップした……なんてパターンも考えられますよね。
つまり、今でこそいいとされている条件も、結婚した当初は大してよくなかった、ということもザラにあるわけです。
最も変化しにくいのは「性格」ですが、これは、あなたにとってOKなら、どんな性格でも構わないと思います。
結婚となると、どうしても
「普通はこうだから」
「親はこう言うから」
「友達の彼(旦那さん)は、こうだから」

――と、本当のあなた以外の人の声で気持ちが揺らいでしまったり、相手の条件を狭めてしまったりすることがありますよね?
特に、親の意見は無意識のうちに聞いてしまいがちですが、最もあなたの幸せとは関係ない部分です。当たり前のことですが、親とあなたは別の人間であり、幸せと感じるポイントも違います。
ですから、親の言う通りの人を選んで、世間的に問題のない配偶者だけど、何となくしっくりこない……という悩みを抱える人も少なくないんです。

相手を見極める上で一番大事なのは……


では、どこを一番に見ればいいかというと「一緒にいて楽しいかどうか」ですね。こういった、極めて基本的な部分が抜けてしまうと、「誰も好きになれない」ということになりがちです。

婚活で疲れてしまう原因のひとつに「出会いが多すぎて選びきれない」というものがあります。自分が定まっていないと、誰を見ても一長一短な気がしてしまうんですよね。出会いを繰り返していくなかで、定まってくることも、もちろんありますが、まずは「性格があなたにとって平均的かどうか」を考えて、そこがOKなら、他は様子見でいってみましょう!
(橘つぐみ)
1

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ