彼女に作られて「もうやめてくれ!」と叫んだ激マズ料理

「あなたのために手料理作りたいなあ~」
ベタ過ぎるセリフではあるけれど、日々の仕事で疲れ果てた男性は彼女からこんなふうに言われたらやはりうれしいに違いない。

そして女性たち自身もこう思い込んでいるフシはないだろうか。
「なんだかんだ言ったって、オトコなんて結局女の手料理にコロッと参るんだよね。ちょろいもんだわ~」

……確かに女の料理で陥落する男性は単純でカワイイ。けれど彼らだってちゃんとした“味覚”を持っている。男性陣が“この女と結婚したい!”と思うのは「そこそこちゃんとした一品」であって、決して「勘弁してくれ!」と叫びたくなるような献立ではないのだ。

今回は男性たちに「彼女や妻に作られて“もう止めてくれ!”と叫んだ激マズ料理」についてリサーチしてみた。コレを読んであなたもいまいちど自分の腕前を再確認してみてほしい。

ブドウジュース100%ビーフシチュー


・「アレは忘れもしない、三年前のクリスマス。その少し前から付き合い始めた恋人に『私がご馳走作ってあげる!』なんて言われて喜びもMAX。普段は買わないような高い牛肉を買ったりして、そこまでは楽しかった。けれど当日、出てきたビーフシチューを一口食べてみて冗談じゃなく吹いた。甘い甘い! クチの中に残る妙な甘ったるさ!!
『コ、コレ何!?』って聞いたら彼女は澄ました顔で『レシピには赤ワインを1本使えって書いてあったんだけど、私お酒飲めないからブドウジュースにしたの~。ちゃんと果汁100%の使ったよ』と何故か得意げ。恐ろしいことに彼女はその甘ったるいシチューをウマそうに平らげてた。どういう舌をしてるんだ? 年明けから徐々にフェードアウトしたことは言うまでもない」(30代・人事)

――煮込んでいる時から部屋に甘いニオイが漂いそうなシチューである。
恋人と初めて迎える大イベント、さぞや双方とも気合いが入っていただろうに、その熱情をも冷めさせる味だったことだけは間違いない。

バケツプリン


・「スイーツ大好きな僕に、彼女が夢の『バケツプリン(※清潔な小さいバケツ容器で作る超巨大プリン)』を作ってくれることに! 見た目はなかなかソレぽっかった。……でもニオイが! なんていうか人生未体験の、日本の文化にない臭気……! おそるおそる聞いてみたら『バニラエッセンスがなかったから、“バレリアン”ていう乾燥ハーブで風味付けしたんだよ~すっごく体にイイの』だって。
そういや彼女はハーブ関連の資格を持ってた。卵10個、牛乳1リットル以上、制作時間丸1日を費やした彼女の力作をムダにするワケにいかなくて、涙目でそのクサいプリンを完食。いい子だからまだ付き合ってるけど、他にも感性が独特すぎて、将来とかはあまり考えられない」(20代・金融)

――バレリアンは別名「セイヨウカノコソウ」とも呼ばれている。ストレスや不眠に効能があるとされ、欧米ではサプリメントとして広く使用されているハーブだ。この彼女は最近眠れないという彼の身を案じ、一石二鳥のナイスアイディアだと思ったのだろう……。あなたがこの“バレリアン”のニオイを嗅ぐ機会があればぜひ試してみて欲しい。尾籠(びろう)な話で恐縮だが、“排泄物っぽいニオイ”と形容する人もいるほどのキョーレツな香りなのだ。
また女性にはハーブ好きは多くても男性には苦手という人も多いので、彼に好みを確認してから作ったほうが良さそうだ。

マトンの肉じゃが(臭み抜き一切ナシ)


・「妻が結婚後初めて作ってくれたのが、脂肪燃焼効果があって体にイイという“ラム肉を使った肉じゃが”だった……んだけど、『スーパーにラムが無かったからお得なマトン買ってきちゃった~』と臭みの強い大人羊の肉に変更になったうえ、イモは煮崩れてどろどろ……。そこに
1
2

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事