セックスの相性が悪いカップルは、ほぼ別れる!? 大人の恋愛における、体の相性の重要性

料理やスポーツと違って、経験を積んでもコツがつかめないのが、恋愛。むしろ、20~30代になって、下手に経験だけが増えていくほど、負のスパイラルに陥ったりもしちゃうのよね。
そんなときこそ、思い切って誰かに相談するのが吉。意外なところから道が開けたりするもの。ということで今回は、相談会を実施。悩める女子をお相手に、ゲイライターの渋谷アシルがズバッと回答してみたいと思います!

タイミング、力加減、サイズ……。口にしづらいからこそ、恋愛を左右する問題に


さて、今回のお客さまは、カオリさん(仮名・28歳)。さてさて、どんなことで悩んでいるのかしら……。

カオリ「付き合って半年の彼氏がいるんですけど、実は体の相性があまり良くないんです。見た目も性格も問題ないんですけど、その分それが気になっちゃって……。体の相性って、どこまで重要なんですか?」

アシル「超重要です(断言)。むしろ、それが合わなかったら、ほぼ破局すると言っても過言ではないと思う」

カオリ「そんなに……? でも、私がそれを我慢できればうまくいくような気もするんです」

アシル「現時点ですでに気になってるじゃない。『見た目も性格もいいのに、それだけが』って。もちろん、理想に叶う完璧な相手なんていない。でも、セックスって、見た目や性格と違って、面と向かって相手に変化を求めづらいデリケートな問題じゃない? だからその分、我慢することのストレスは計り知れないと思う。『言おうと思えば言える問題』と『言いたくても言えない問題』では、振りかかるストレスの質が違うのよ。それと、あなたが不満を感じているということは、彼も同じことを感じている可能性があるってことも忘れちゃダメだと思う」

カオリ「私だけが我慢すればどうにかなる問題じゃないんですね……」

それでも彼のことは好き。解決策はないの?


アシル「体の相性といっても、いろいろあると思うの。タイミングが合わない、力加減が微妙、サイズの問題……。だから一概には言えないけど、たとえば、タイミングや力加減の問題ならば、女性側がうまくリードすることで方向転換を図れるケースもある。『今日は長くしたいから、イキそうになったら言ってよ』『もう少しやさしく触られたほうが気持ちいいんだよね』とか言いながら、相手を誘導するの。あくまでも、『あなたとのセックスを楽しみたいから』という方向で、決して男性の自尊心を傷つけないようにね。で、終わった後は、『今日はいつもよりも良かったから、また次もこうしよう』って言ってあげれば、自ずと彼氏は学習していくでしょう。男性は女性を気持ちよくさせることに燃えるんだから」

カオリ「なるほど。あ、じゃあ、万が一サイズの問題だったら……?」

アシル「それはもう無理。物理的に解決し難い問題として、素直に受け入れるしかないでしょうね。ようするに別れるってことだけど。だって、サイズを変えろって無理な話でしょ? あなただって急に胸のカップ数を2サイズ上げろって言われても困るじゃない」

カオリ「それはそうですけど……」

アシル「もちろん、その部分に目をつぶって関係を続けることもできるとは思うけど、いずれどちらかが浮気するでしょう。気持ちいいセックスの最中って、愛情を感じるじゃない? あれって、たんに快楽を愛情と錯覚しているだけだと思うのよね。でも、それって重要。だから、30代以降になると、体から始まる恋も増えるのよ。それって要するに、相手を見定める条件のひとつに“体の相性”が加わっているってことじゃない。若い頃なら、見た目がいいからとか、やさしいからってことだけで選びがちだけど、大人の恋愛においては、経済力と同じくらい体の相性もチェックすべきだと思うわ。ま、そうはいっても、そこまで相性が悪いってケースも珍しいけどね」

カオリ「とりあえずは、努力で改善できる部分は変えていこうと思います」

アシル「そうね。ふたりで“楽しめるセックス”を目指すことは恥ずかしいことじゃないし、関係を長続きさせるために必要よ!」

セックスの相性は、性格や価値観が合うかどうかと同じくらい重要なもの。とはいえ、なかなか口に出しづらい話題よね。そんなときは、この渋谷アシルにご相談を!
(渋谷アシル)

この記事を書いたライター

渋谷アシル
昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント

関連記事

今、あなたにオススメ