「許せる人」こそ恋がうまくいきやすい!?

恋愛や自己啓発などの本に「許せない人を許しましょう」と、書かれていることがあります。

「許せない人って、誰のこと? 今回のコラムは、あまり私に関係ないみたい」と感じた方も、もう少し読み進めてもらえると嬉しいです。
許せないというのは、人ではなく、物事だったりすることもあります。

実は、恋愛をうまくいかせるためには、許せない人や物事を許すことがとても重要なんです。年齢を重ねても、それなりにパートナーとうまくやれる人は、許す能力がとても高いんですよね。

許す能力がある人は「自分と相手は違う」という、人間関係の基本をわかっていることが多いように感じます。ですから、恋愛以外の人間関係のトラブルも少ないです。これを理解しているのといないとでは、トラブルの数が全然違うんです。

人間関係のスタンスには、大きく分けて4つあります

1.私はOK、あなたもOK
2.私はOK、あなたはNO
3.私はNO、あなたはOK
4.私はNO、あなたもNO

おわかりだと思いますが、一番理想的な人間関係は1番です。お互いの違いを認め、OKを出し合うことですね。

しかし、自分の中に「誰かを許せない」という強い気持ちがあると、2や3の関係を作りやすくなってしまうんです。

・自分はOKだけど、相手のアラが目について許せない
これは、付き合う男性が男らしさを発揮できない関係になり、なんでもあなたが決めることになって、ラクだけど心が渇きます。

・自分に自信がなくて、何でも相手に従ってしまう
これは、DVやモラハラ系の男性を引き寄せやすくなりますね。

過去の恋愛をひも解いてみると、皆さん、この4つのうちのいずれかのパターンを繰り返していることが多いです。

許せない人を許すことで、「自分と相手は違うのだ」「私は、今のままでいい」ということが、心の底から納得できるようになります。不思議なもので、これができていえる人は、DVやモラハラなどの男性を引き寄せることも、ほとんどないのです。

人間関係の悩みは、相手に対する期待が大きすぎることから成り立つもの。さらに、自分の思い通りに相手が動いてくれないことで、なんだか損をしてしまったような気持ちになります。

「自分と相手は違う」「でも、どちらもOK」と納得できれば、相手が思い通りに動いてくれていなくても、それほどがっかりすることはありません。恋愛だけでなく、人間関係の悩みも、今の半分くらいにはなりますよ。
まずは相手を許すことから始めてみると、意外と恋愛もうまくいくかもしれません。
(橘つぐみ)
1

EDITOR

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事