友達から彼氏にってアリ? 男友達との恋に向く人、向かない人

「はあ、どこかにイイ男いないかなあ……」

そんなふうに嘆き続けて数年、ある日ふと目の前の男友達をみて「ん? 意外とイケるかも。私ももう選り好みできる年じゃないし、彼なら気心だって知れてるし……」と思ったことはないだろうか。

数々の恋愛を重ねたあと、結局結婚したのは長年の男友達だった……なんてよく聞く話だ。今回は「友達からの恋」のメリットとデメリットについてリサーチしてみた。男友達との恋に向く人、向かない人を考えてみよう。

メリット1 なんといっても楽


・「学生時代から友人だった彼は、私の未熟なところ、情けなくてカッコ悪いところ、酔いつぶれて醜態を晒したときの姿まで……私という人間を知り尽くしてくれている。これほど楽なことはありません」(30代・イラストレーター)

メリット2 結婚後も摩擦が起きにくい


・「結婚してから豹変する男性もいますが、長く友人だった男性を夫にしたとき、なんていうか“予想通り”にいきやすいと思います。彼の趣味嗜好を知り尽くしていたので、なにかトラブルがあっても『この人ならこう来るよね?』って対策が立てやすい。おかげで多少イヤなことがあっても“まさかこんな人だとは思わなかった!”ってことはなく、結婚生活がスムーズにいってます」(40代・行政書士)

メリット3 周囲への紹介がスムーズ!


・「もともと男友達でそこから交際に発展した場合、周りに紹介するときにスムーズな気がします。親も以前から彼のことを知っていたので、『ああ、○○くんか!』って大喜びしてくれましたし、友人も私たちの関係を知っていたので、結婚式は大盛り上がり(笑)。男友達と結婚すると“真面目ないい人”“純愛”って思ってもらえるみたいです。反対する人は誰一人おらず周りを巻き込んで幸せになれて良かったなと思います」(20代・音楽関連)

――あなたも男友達と結婚したくなってしまうほど、良いこと尽くしではないだろうか。飾らず、気取らず、自然体でいられる、生活を共にしたあとにありがちなトラブルも起きにくい、そして周囲からも手厚く祝福される……。デメリットは想像しにくいような気もするが果たしてどうだろう? 「友達との恋はあり得ない派」の意見も聞いてみよう。

デメリット1 ときめきがない


・「お互い知り尽くした男友達と結婚するワケですから、ときめきなんて期待しちゃいけません(笑)。私と夫は9年付き合って結婚したので、結婚直後から倦怠期の夫婦みたいで……。新婚旅行先のハワイでも、他の新婚さんたちはひたすらイチャイチャしてるのに、私たちは冷静に景色を眺めてただけでした(笑)。大恋愛とか甘い新婚生活とかしたい人は友達と結婚しちゃダメです」(30代・エリアマネジャー)

デメリット2 セックスがマンネリ


・「長年の友人が夫になり、いざコトに及ぼうとすると……その気になれなくて困りました(笑)。彼のことは大好きなんですが、安心しすぎてイマイチそういうムードになれないっていうか、お互い『今更ねぇ』って顔を見合わせて笑っちゃう感じです。安心感とロマンチックの両立ってすごく難しい。私はもうイイ年なんですが、こんなんじゃ子供ができるか不安(笑)」(30代・調理スタッフ)

デメリット3 “女”を捨てる可能性アリ!


・「緊張感がないせいか、結婚してからの夫はぶくぶく太る、平気でゲップをする、服はその辺に脱ぎっぱなし……。私も人のことは言えず、おかげで今じゃ二人とも男か女かわからないような状態(笑)。友達期間が長かったせいでしょうか?」(20代・保険会社勤務)

――コチラも納得の声の数々。「ソレはいやだな」と思った女子も少なくないだろう。結局、男友達とは恋に落ちるべきなのだろうか、そうではないのだろうか?
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡