優秀な人はどんな子が好き? 周りから可愛がられるちょっとしたコツ

特にスキルがあるわけでもないあの子が可愛がられて、どうして私は可愛がられないんだろう……。
そう思ったことはないだろうか?

筆者はこれまで、どちらかというとあまり可愛がられる方ではなかった。むしろ可愛がられたいと思わなかったのである。しかし可愛がられるということはその分、いろんなチャンスが降ってくるということ。人から可愛がられるコツを学んで自分の可能性を閉ざさないようにしよう。

可愛がられるということは信頼されるということ


可愛がられる人を見てみると上司や同僚にとても信頼されていないだろうか。可愛がられるというのはその人から好意的に見られ信頼を勝ち得ていることだと思う。
信頼されればされるほどチャンスは増えるし、得することも多い。また寂しい思いをしなくてもすむので、いつだってストレスフリーなのだ。

まず可愛がられない人にはこんな特徴がある。それは自分自身に”根拠のない自信がある”ということ。
才能を育てるには、根拠のない自信を持つことではなく自身の中にあるものを育てやすい環境を作ることが大事。人の能力は基本的に環境次第。人が環境に順応できないことがあるとしたらそれは自身が環境に適応できない原因を作っている。まずその根拠のない自信を一旦置いて、他人が話しかけて来やすい雰囲気を作ろう。

優秀な人に可愛がられるには?


優秀な人が好むのは総じて素直な人間。素直な人は他人の話もよく聞くし、また知識などを吸収しやすい。自分の話を素直に聞き、それを行動に移している人間はある意味「自分の分身」である。自分の分身を好かない人はいない。子も自身の分身であるように人は自分自身が人の価値観、行動の規範になることを好むのである。まず可愛がられたいのなら優秀な人の話を聞き、それを元に行動すると良い。結果がダメだとしても好意的に見られるはず。
1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事