生理中のダイエットは逆効果!? ダイエット中、生理との上手な付き合い方

夏に向けてダイエットモードに突入する女性が多くなる今のシーズン。食事や運動など、いろいろと理想の体型をGETするために頑張り中という女子も多いのではないでしょうか?
でも、「せっかくダイエットをしていたのに、生理が来て挫折してしまった……」なんて人も少なくないのでは?
生理中は食欲がどうしようもないほど旺盛になってしまったり、浮腫みによる体重増加でやる気をなくしてしまったりしてなかなかダイエットがうまくいかないんですよね……。

そこで、今回はダイエットインストラクターとしての資格を持つ私が、ダイエット中生理と上手に付き合う方法をご紹介します☆

生理中のダイエットは逆効果!?


まず、生理中(1~7日目)はホルモンの関係上体重が落ちにくいので、無理な食事制限や運動は逆効果! 体温も低くなって冷えやすいので、暖かい飲み物を摂取するのがオススメです。特にジンジャーティーは体を温めるのに抜群の効果があるので、生理中には欠かせないドリンク!
ジンジャーティーといっても、市販のティーパックにチューブの生姜を入れて、お好みでハチミツをプラスするだけでできるのでとっても簡単です。利尿作用のある小豆茶もオススメです☆
また、生理中は貧血になりやすいので、レバーや牛乳、ほうれん草やひじき、のりなどの海藻類をしっかり摂るようにしましょう。

さて、生理中にダイエットをするのは逆効果と書きましたが、何もしちゃいけないわけではありません。無理のない範囲でダイエットを継続させることはできます。

例えば……生理中はシャワーだけ。という女子も多いのでは? でも、先ほども言ったように、生理中は体温が下がりやすくなっています。だからこそ、シャワーよりもゆっくりお湯につかるのがオススメです。
体を芯から温めてあげることで、冷えや生理痛を改善できますし、生理中に滞りがちな血流を良くし、汗をかくことで浮腫みも軽減されるので、軽めの半身浴は良いケアに。

EDITOR

Juliet(ジュリエット)
マイコ、ユミ、ハミの3人ボーカルユニット。デビュー曲「ナツラブ」を始め、共感度200%のリアルな歌詞が10代~20代の女子を中心に絶大な支持を獲得

関連記事

今、あなたにオススメ