見落とさないで! 遠距離恋愛を乗り越える5つのコツ

大好きな彼・彼女と離ればなれになりながらの遠距離恋愛。楽しいことばかりではなく、つらいことも多いですよね。
でも、別々な場所で暮らすお互いの存在がいいパワーとなれば、お互いの関係性や自分自身をもっと向上させてくれるはず!
今回は遠距離恋愛が上手くいくための5つのポイントをお伝えします!

1.相手の変化を受け入れよう


日々、生活していくなかで人は沢山の出会いがあります。いろいろなものを見て、経験し成長していくものです。
新しいスタートをきったとき、それは成長する素敵なきっかけです。

遠距離恋愛をしていると、相手が成長することに少し寂しさを覚えたり、また自分が変わっていくことに相手が距離感を感じるたりすることもよくありますが、でもそれはほんとはとても良いことなんですよね。
お互いの存在に縛られて、成長しない方が残念なこと。お互いの成長がより、お互いの関係をよくしてくれるものなんです。

相手が成長する姿をみて、寂しくなったり、ちょっと距離を感じることもあるかもしれませんが、相手の変化を受け入れて、お互いに応援し合い、支えあうことができれば素敵な関係へステップアップするはずです!

2.何気ないことでも共有する


離れているときこそコミュニケーションは大切。

日々のなんでもないことでも、お互いに共有することで相手の変化も受け止めやすく、相手の状況にあった言葉をかけやすくなります。
日常を共有することでより相手に思いやりの気持ちが持てるようにも。

「今日はすごく天気がよくて気持ちがいいよ!」
――そんな何気ない会話でもいいんです。自分が見ている当たり前の気候や風景でも、離れていれば相手とは全く別の環境。それでも、共有して伝えることで、何気ない会話が距離を近く感じさせてくれるのに役立ちます。

3.SNSを活用


今の時代は遠く離れていても様々な方法でコミュニケーションをとることができます。
普段のメールやLINEでのやりとりはもちろん、たまには顔をみてのデレビ電話もおすすめ。

今やみんなが使っているLINEでも電話機能がついているので、手軽に相手とコミュニケーションをとることができます。

実際に顔をみて話すことでメールでは感じとれない素の表情や空気感を感じることができますよ。

「今日は顔みて喋ろ♪」
――そんな一言が普段のコミュニケーションをより素敵なものにかえてくれるのでは?

4.言葉で伝える


言わなくても分かる。そう言う男性も多いですよね。
言葉するのが恥ずかしい。そんな女性も少なくないはず。

実際に空気感や対応で相手の気持ちを感じ取れることもあるとは思います。
でも、多くの人は相手の気持ちを必死に行動から感じ取ろうとしているのではないでしょうか?
離れいていれば、そんな行動がわからないので、気持ちを読み取るのにも一苦労。がからこそ、しっかりと言葉にして伝えたいもの。
相手の気持ちは、いつも自分自身で感じ取るのではなく、相手から自然に感じたいし感じてもらいたいたいと思いますよね。

恥ずかしがらず、今の気持ちを相手に伝えることで安心感と相手を思う気持ちが増していくはず。
大切な気持ちは、きちんと口に出して伝えることがとても大事です。

5.感謝の気持ちをもつ


遠距離をうまく続かせるコツを述べてきましたが、それでもやっぱり好きな人がそばにいるほうが断然良いんですよね。
でも、なんらかの理由があって離れ離れに……。
それでもこの関係を続けていこうと決めた2人には強い思いと絆があるはずです。
まずはそんな風に思い合える人との出会いに感謝の気持ちをもつ。そしてこの選択をお互いが選んだことに感謝する。
その気持ちを日々少しでも心のどこかにおいておくとなにかつまづく事があったとしても、きっとお互いを大切にできるはずですよ。

これは距離が遠くなかなか会えないカップルだけじゃなく多忙でお互いに時間がとれないカップルにも言えることだと思います。

たくさんの出会いがあるなかで、距離が近くなりお互い思い合う大切な関係になった2人。
そんな絆があるならば、離れていても、よりお互いの存在が日々のパワーになるはずです。遠距離には壁や課題もたくさんありますが、お互いのペースで離れていても良い関係を築いていってくださいね。
(長屋なぎさ)
1

EDITOR

長屋なぎさ
アパレル企業への勤務を経てLIFE STYLE PLANNERとして独立。 現在はHAWAIIセレクトショップのクリエイティブディレクターとしても活動

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事