ズボラ女子も安心! 夏の間そうめんをおいしく食べ続ける唯一の方法【四コマコラム】

ズボラ女子も安心! 夏の間そうめんをおいしく食べ続ける唯一の方法【四コマコラム】の3枚目の画像

ズボラ女子も安心! 夏の間そうめんをおいしく食べ続ける唯一の方法【四コマコラム】の2枚目の画像

ズボラ女子も安心! 夏の間そうめんをおいしく食べ続ける唯一の方法【四コマコラム】の1枚目の画像

ズボラ女子も安心! 夏の間そうめんをおいしく食べ続ける唯一の方法【四コマコラム】の4枚目の画像


夏になると料理するのも面倒くさくなってしまいますよね。そんな時、さっと作れるそうめんは楽チンでとってもお手軽。でもすぐに飽きてしまうことも……。
それは同じ麺つゆを使っているから! 飽きずにそうめんを食べ続ける唯一の方法は、ずばり自分で麺つゆを作ることです。
麺つゆの作り方は、醤油+みりん+鰹節+水を煮立たせる方法がありますが、醤油+みりん+水を混ぜるだけでも簡単に美味しく作ることができます。甘みの強い麺つゆが好きであればみりんを多めにしたり、ごまペーストを加えればごま風味の麺つゆを作ることができます。醤油、みりん、水のそれぞれの量を変えたりと、自分で工夫していくことでそうめんに飽きることがなくなります。
さらにトッピングを工夫してみることで味のバリエーションが増えます。

湯通ししたササミ+梅干し+生姜+大根おろしであっさり風味アレンジ、温泉卵+山芋+オクラ+なめこで夏バテ対策アレンジ、豆腐+豆板醤+白ごま+小葱で中華風アレンジなど、テーマを作ってアレンジしてみれば、具のアイデアも出しやすいですし、ワンランクアップしたイメージのメニューになります。

薬味には味にアクセントを加えるほか食欲増進効果があるので夏バテしやすい人は色々な種類の薬味を用意しておくのもいいでしょう。特に生姜は体を温める効果があるので、一日中クーラーの効いた部屋にいる人はとったほうが良い食材。冷え性対策には、生より乾燥させた生姜のほうが効果的なので、乾燥した生姜をフードプロセッサーなどで細かくしたものを常備すると食べたい時にすぐに使えます。ネバネバ食品には胃腸の粘膜を強くし消化を助ける効果があるので美肌につながります。そうめんだけでは炭水化物になってしまいますが、「たんぱく質+野菜」と考えて具を増やせば栄養価もアップ。色々なそうめんを楽しみながら作って夏を乗り越えましょう!
(mico)
1

この記事を書いたライター

mico
アパレル販売、デザイナー経験者。「才能応援プロジェクト」大賞受賞後、マンガ家兼ライターとして活動開始。 美、食をメインに執筆。LINEスタンプ発売中!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡