ボーダーラインは30前後!? “高齢処女”に対する男のキツイ本音

前回のコラムでは、「いま女性たちのあいだで、チェリーボーイこと“未経験男子”の魅力が見直されている」という情報をお届けした。

では逆に男性たちは経験のない女性をどう思っているのだろうか?
これが「“若い”処女」ならリサーチなど取るまでもなく、男性が本能的に好むことなどわかり切っている。けれど、そうではなく、ちょっと年齢のいってしまった、いわゆる“高齢処女”に対する男性のホンネを聞いてみたくはないだろうか。ドキッとしたあなたも、そうでないあなたも今後の参考に覗いてみてほしい。

正直引く


・「若い子なら大歓迎だけど(笑)、30過ぎて『私、実は経験ないんです……』って言われたら、“え~~っ!?”って思っちゃう。“よほどモテなかったのかなあ”“男に誘われない子?”と、感じちゃうかも。もちろんその場では『あぁ、そうなんだ』って軽く受け流すと思うけど」(34歳・工作機械)

――未経験女性には酷な結果だが、男性の回答第一位は残念ながらコチラ。“処女で嬉しいか”、“嬉しくないか”のボーダーラインは「30歳の大台」であるようだ。男性の年齢にもよるが、「20代ならまあギリギリ嬉しい」「20も後半になったらちょっと引くかも」「バージンなら若くないとありえない」……という声が多く聞かれた。
自分以外の男にチヤホヤされる彼女もイヤだが、「あまりに何もない女性」=「誰も欲しがらない女性」=「魅力のない女性」という図式が勝手にできあがり、競争本能が掻き立てられない、ということなのかもしれない。

悪いけど面倒


・「ホンネを言っちゃうと、面倒。あれこれ気を使ったり、リラックスさせて優しくしなきゃならなかったり……。20代の可愛い子ならそんな煩わしさを乗り越えてでも寝るメリットはあるけど、正直おばさんじゃ……ねぇ。異性には年齢に合わせた経験やテクを持っててほしい、ってのは男女共通の願いじゃないかなあ」(28歳・医療関連)

――かなりキツイ本心だが、これは女性が「実は俺、経験ないんだ」と男性から告白を受けたときの感情と似通ったモノがないだろうか。「ああ、面倒……」「リードしてもらえないんだ」「私が一から教えなきゃならないんだ」というガッカリ感である。それでも未経験男子には前回のリサーチで「知らないゆえの素直さ」「不慣れなゆえの可愛さ」で受け入れる女性もいたが、男性には高齢処女を受け入れる余裕がないことも多い。
そういう男性には“知らないことが可愛い”には繋がらないようだ。
「これくらいの年齢ならばこれくらい知っているだろう」という“期待値”に性経験も含まれている、ということなのかもしれない。

どう扱っていいかわからない


・「昔付き合ってた彼女に、『実は私、処女なの』って言われたことがあった。彼女はその時34歳。ビミョーな年齢だったこともあって、ものすごく困惑した。なんか痛々しい感じがしたし、『経験ないから大事にしてくれってこと?』『もしかしてコレって結婚迫られてるのかな』ってモヤモヤして……。結局鬱陶しく感じて、ヒドイと思うけど寝ないで別れた。彼女があの時ただそれを打ち明けるだけでなくて『初めてだからどうして欲しいのか』ちゃんと言ってくれてたら、もう少し違う結果があったかも……」(40歳・税理士)

――「どうしてよいのか分からない」「どう扱えばいいの?」これが年齢のいった未経験女子に対する男性の偽らざる気持ちなのではないだろうか。
「処女である」という重々しい告白は、年齢とあいまって男性側からすれば「だから俺に責任取れってこと?」とプレッシャーに感じてしまうのだ。
もしもそうならば、“食べ物の好き嫌い”を告げるときのように、仰々しくなく軽い面持ちで言ったほうが良さそうだ。
1
2

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事