俺だって付き合いたかったけど…男子が女子を振ったほんとの理由4つ

社内の男性に思い切って告白しました。フラれました……となっても、ぜんぜん気まずくないので、堂々としてなさいよ、というお話をしたいと思います。
ぶっちゃけ、フッたほうの男子は、以下のようなことを思っているようです。
ご紹介しましょう!

1:ホントは1回エッチしてもよかったんだよね


「かわいい女子からの告白を断ったのは、いまぼくに彼女がいるからで、本当は、告白してきた女子と1回くらいエッチしても、ぜんぜんOKだったんですよね」(27歳・商社)
恋愛って、結局のところタイミングですから、「告白を断られた=全人格否定」ということではないですよね。

2:君が未婚なら、絶対に付き合っている


「既婚女子から告白されました。付き合ってもよかったんですが、社内恋愛&不倫となると、いろいろ面倒なので断りましたが、社内恋愛でもなく不倫でもなければ、絶対に付き合っていました」(29歳・広告)
歳を重ねるごとに「付き合って面倒になるリスク」に敏感になるわけですから、まあしかたないですよね。
とくに、バツイチ子持ちの女子の恋愛しづらさって、おそらくこのへんにあって、取材でそういう女子の話を聞くたびに、いたたまれなくなったりもします。
そういう女子のなかには、セフレを抱えている人もおり、総じて「知恵」があれば、告白を断られた=絶望というふうには、なりづらいのかなと思います。

3:お金がないだけで、ホントは好きです


「めちゃかわいい女子からの告白を断りました。ぼくにお金がないから、付き合ったら金がかかりそうでおれには無理だなと思ったからです」(25歳・飲食)
男子って、わりとじぶんの経済状況に応じた恋愛をする傾向にあるように感じます。好きなら彼女に食わせてもらえばいいから、まっ、金はないけど付き合うか……と思うことができる男子って、少数派ではないかと。
とくに「かわいい女子=金がかかりそう」という男子の先入観が問題だろうと思います。かわいい女子のみなさんは「あたしお金がかからない女だから」とか、告白するときに、適当にうそぶいておくといいと思います。

4:本当は「セフレでもよければ」と言いたかった


「ぼくに彼女がすでにいたので、告白を断りましたが、本当は『セフレでよければ』と言いたかったです。でも社内の女子にそれを言う勇気はなく」(25歳・イベント制作)
セフレでもいいから1回チャンスをくれたら、彼のことをものにする自信がおありの女子のみなさんは、セフレでゴリ押ししてみては?

高校生のうぶな恋愛でもあるまいし、「告白を断られた=絶望」となる必要はまったくないよ……ということです。
彼女の座には座れないけどセフレにはなれたとか、ご飯友だちにはなれたとか、「うまい落としどころ」を戦略的に考えてみると、人生はまたちがった展開を見せると思いますが、いかがでしょうか。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡