女子もなりうる!? 賢者タイムに突入してしまう理由

「賢者タイム」という言葉をご存じでしょうか? これは男性が性的行為を終えた後、一気に脱力感に襲われたり、人によっては頭がさえわたる、または猛烈に眠くなるといった現象が起こる時間のこと。女性のあなた、「終わったら彼が突然冷たくなった」という経験をしたことがありませんか? でも怒る前に、これは彼にもどうしようもない現象だということを知ってくださいね。

「プロラクチン」という性欲抑制ホルモンの分泌


男性は射精後、「プロラクチン」という性欲抑制ホルモンが大量に分泌されます。さっきまでは性欲の塊だったのに、このホルモンによって一気に急降下。ハッと目が覚めたように頭がクリアになり、性欲という煩悩が取り払われるのです。スッキリした脳内はまさに賢者感覚。その後さらに脱力感や眠気を引き起こす作用が働き、あなたに愛を囁くよりも、どうしようもなく眠くなってしまうのです。

賢者タイムは女性にも起こる現象


この「プロラクチン」というホルモンは女性の場合、母乳を出すために分泌されるもの。だから子どもを産んだ母体は、性交渉よりも授乳に専念する方向へと欲求が向かいます。産後に女性が性交渉を拒むのは、男性の射精後と同じ賢者タイムに入っているからなんですね。全然そんな気持ちがなくなってしまう。それぞれの賢者タイムを知って、尊重してあげたいものです。

男性の場合は性的なものに嫌悪感さえ抱く場合も


男性は賢者タイムに入ると、さっきまで欲情を駆り立てていたもの(AVや雑誌など)に、嫌悪を感じることもあるよう。この心理的な部分はよくわかりませんが、とにかく目の前から消したくなるという人もいます。そこで欲情を駆り立てたのがあなたで、今抱き合った後、賢者タイムに入ってしまったら……。彼が背中を向けて寝てしまったり、そそくさとシャワーを浴びに行くのは、この気持ちが働くからかもしれません。決してあなたを嫌いになったのではない、ということ。

EDITOR

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ