復縁にも効果的!? 音楽が恋愛にもたらすすごい効果とは

ソニーがワイヤレススピーカーのイベント内で行われた実施した、音楽についてアンケート。音楽好きな505人の男女、音楽があると「場が盛り上がる」97%、「気分が高まる」96%、「心を開きやすい」92%、「相手との距離が近づく」88%、「相手のことを魅力的に感じやすい」78%、「恋に落ちやすい」77%と回答しました。……ということは音楽をうまく使えば、いろいろなことがうまくいくかも?

音楽を聴くだけでストレスが軽減


音楽を聴くだけでストレスが軽減というのは科学的に証明されているのだそう。心地いい音楽を聴くと、ストレスホルモンの「コルチゾール」の値がさがります。こうした生理学的な変化が起こって、ストレスの軽減、免疫力アップにつながるのだとか。もしも彼氏と衝突して、ストレスを抱えているなら、心地よい音楽を流してみるのはどうでしょう?「あんなことで怒るなんて……」と、あなたを素直にさせてくれるかもしれません。

記憶に働きかける音楽


ロンドン大学で行われた研究によると、認知症を患っているお年寄りを2グループに分け、Aは音楽が流れている病院、Bは何も音楽がかかっていない病院へ入院させました。そして両グループに、自分の過去を訪ねると、Aグループのほうがよく覚えていたという結果が出ました。認知症は置いといても、もし好きな人や恋人に自分を忘れてほしくないと思ったら、場面場面で音楽を流すのが有効かもしれません。

あなたにも経験がありませんか? この音楽を聴くと、必ずこのシーンを思い出す、というようなもの。それを普段から作り上げておくのです。あなたの誕生日を祝うときは、必ず決まった音楽を流すとか、ふたりでカラオケに行ったら必ず歌う曲があるとか。その曲を聴くたびに、あなたも彼もお互いのことを思い出すはずです。復縁にも有効かも!?

テンポによって高揚感が変わる


マーケティングにおいてミリマン教授が行った実験によると、テンポの速いBGMをカフェで流したら、スローテンポのBGMに比べて食べる速度が速くなりました。お客さんの回転率も上がって売上げが伸びたそう。次にレストランのディナータイムで、スローテンポのBGMを流したところ、ドリンクやデザートのひとり当たりの消費量、お店の滞在時間も増えて売り上げ増につながったそう。場所やシチュエーションによって、音楽が売り上げに貢献することを導き出したのです。またアップテンポの音楽はテンションを高めたり、気分を高揚させるという別の実験データもあります。

少しでも好きな人と一緒にいる時間を増やすなら、スローテンポのBGMが流れているレストランで、ディナーがいいかもしれません。居心地が良くなって、もう一本ワインを開けることになる可能性が大!初デートで緊張するとか、何を話していいかわからないとき、静かでは気まずいですよね。そんなとき、アップテンポのBGMが流れている場所で過ごせば、自然に盛り上がれそうです。

彼とケンカしている最中にアップテンポの音楽が流れると、ケンカがヒートアップしてしまう可能性も。仲直りしたいと思うのなら、穏やかな音楽を流したほうがよさそうです。あなたの気持ちを落ち着けるのにも、効果的ですしね。

音楽の好みだけはリサーチが必要


あなたにとって居心地の良い音楽でも、相手にとっては不快な音楽ということもあります。そうなると逆効果ですから、好みだけはリサーチしておくとよいでしょう。スローテンポのムードあるバーを選んだのに、好みではなかったのか居心地が良過ぎたのか、彼が眠ってしまってはデートも台無し。

あなた自身の好みの音楽も知っておく


私の友人に、明日は試験だとか面接という場合、車の中で必ずチャゲ&飛鳥の「YAH YAH YAH」をガンガンにかけていくという人がいました。これでほとんど勝利を収めてきたというのですから、音楽とは心強いものです。あなたも思い切って告白をする、別れを切り出す、というような場面で、背中を押してくれる音楽を見つけておくと思い通りの結果が得られるかもしれません!
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ