「こんな女はムリ!」男が彼女との別れを決意した瞬間

前回のコラムでは、「女が彼氏に対して見切りをつける瞬間」についてお知らせした。女性は”反省力“や“想定力”のない男に幻滅し、「うわ、こんな男に私の人生託したらどうなるかわかったもんじゃない、や~めた」という感情を抱く……というのが前回の話しだ。

「コイツとはもう無理!」と思うのはなにも女性に限ったことではない! 男にだってむろんそんな感情が起こる。彼氏との「突然の別れ」を避ける参考にしてみてほしい。

1.「悪口ばっかり」


・「“ねえねえ、聞いて聞いて~”が口癖の俺の彼女。僕は話すのが得意ではないので、話題を振ってくれることを有難く思ってたんだけど、ある日そのほとんどが“他人の悪口”であることに気付いた……。特に会社の後輩が気に食わないらしく、『それで、また○○さんが~』『ホント今の子って使えないよねぇ~』と語尾下がりに話す姿を見て、“ああ、こういうオバサンよくいるよな”……と思ったらゲンナリした。まだ20代の彼女がもはや若い子をイジメているタダの根性悪ババアにしか見えなくて。そこからフェードアウト! 嫌いになった理由は説明していない」(20代・精密機械)

――男性は“興味のない話を聞き流す”傾向がある。たとえ「ふーん」と相槌を打っていたとしても、マトモに聞いちゃあいない、なんてことも多いのだ。かと言って恋人を「都合の良いグチ吐き場」にしているあなたはご用心! 時間はかかったとしても、彼のアタマの片隅に残った“あなたの悪意ある言葉”たちが彼に嫌悪感を催させる日は必ずやって来る!
「人の事悪くばっかり言って……」「ホント腹黒い女だな」と思われるような言動は、たとえどれほど気を許した男女の仲でも控えるべきである。

2.「人前で感情を抑えられない」


・「繁華街でデートの最中、つまんないことで彼女と喧嘩に。最初は抑えた口調で喋ってた彼女だったけど『そうじゃないでしょ?』『なんでそうなるの?』とだんだん激高してついにキレた。『あんたなんか最低!』『もういい、死んじゃえ、別れてやる!』とか人目もはばからず叫びだしたのには参った。まだ若い女なら許せたかもしれないけど、その彼女はもう30も半ば過ぎ。“いい大人なのにみっともねえ……”と思っちゃって、それ以来彼女のことがムリに……。別れの時もすごいヒステリー起こされたけど、幼稚なオバサンだけは勘弁!』(30代・デザイン関連)

――「年齢は関係ないでしょ?」「あんたそこまで怒らせるなにかをしたんじゃないの?」と女性ならばツッコミのひとつも入れたくなりそうなエピソードではあるが、男性は“人前で恥をかかされること”を極端に嫌うもの。一度「面子を潰された」と感じると男は女に対して恨みがましい気持ちを抱き、もう決して許そうとはしないものなのだ。彼に対する怒りや疑惑がどうしても抑えられなくなったときは、一旦ぐっと堪えてから彼の手を引き、二人きりになった静かな場所で話しをしたほうが良さそうだ。

3.「モノ知らず」


・「休日に家で彼女とゴロゴロしてたときのこと。見るともなしになんとな~くクイズ番組を見てたんだけど、彼女がとんでもない“モノ知らず”であることが判明!『八百長』を『なにコレ読めない~』と言い、出演者のひとりの名字である『設楽』に至っては『この人って“またらく”だっけ~?』とか平然と言う始末! 念のためテストしてみたら『服部(はっとり)』も読めなかった。確かに俺より少しは若いけど、フツーのOL。その会社ダイジョブか? いやいや、それより“コイツと結婚して子供できたら子育てとか教育とか絶対ヤバいことになるよな~”と思い、今必死で別れる方法を模索中」(30代・飲食業)

――たくさん漢字を読めればエライというワケではない。また、教養がありさえすれば人格的に優れているというのでもない。けれど物事には限界がある。“この人との将来”や“この先共に子供を育てたらどうなるか”を考えるのは女だけではないのだ!
本気で「ちゃんと仕事できているのか」彼氏に心配されているとか、「ひどい無知」を自覚しているならば「知らないこと」をそのまま放置せず、せめて彼に呆れ果てられないだけの一般常識は身に付ける努力しよう。

男性が“もうムリ”と思うのは“バカ女”


男性たちが「もうこの女とはムリだわ~」と感じる女性の特徴をひとことでまとめると、
「バカな女」という一語に尽きる。
ドジをしてしまったり、ちょっと抜けているような女性に対して男性が吐く愛情表現のひとつの「ホント、おまえってバカだなぁ~~~」ではない!
完璧でないからこそ余計に愛おしくなるような“馬鹿さ加減”であればむしろ男に愛される。

そんな“バカさ”ではなく、自分のことを棚に上げ他人の悪口ばかり、男の体面など考えず公の場で平気で人に恥を掻かせる、無知無教養だったり常識がなさすぎで将来が不安などなど……彼らは「この女は心底バカだ」と悟ったその時、女に対する愛情を一気に失くす。

ただ、いったんイヤになれば、すぐにでも行動を起こしたい女と違って、男性はたとえ自分の感情が冷め果てたとしても、体上の欲求から女をすぐに切らないことも多い。「もう好きじゃない女」とだらだら付き合い続ける場合もある。
彼らの心のなかではもはや“彼女”から降格して“”タダのセフレ”になっていたとしても、ことを荒立てたくない現状維持が好きな男性はただなんとな~く「いまの彼女」を手放さないことも多い。

「なんか最近彼が冷たいな」
「彼の心、もう私のところにない?」

……もしそう感じていたら、あなたと彼との付き合いをもう一度改めて考え直すいい“潮時”なのかも知れない。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡