年代別、恋のアプローチ方法 イマドキ20代男子の攻略法とは

「やっぱイマドキの若い人ってわからない……」

ある程度の年齢にもなれば職場で責任ある仕事や地位を任される女子も多いハズ。部下を持ったり、新人の教育などなどだ。けれど、こんなふうにアタマを抱えたことはないだろうか。

「どうしてそうなっちゃうの?」
「私たちの頃は言われなくてもこうしたのに……」

……そう“新人類”や“歳の差”、“年代別”で苦悩するのは、仕事でも恋愛でも同じではないだろうか。
20代の若者だけではない。もちろん一番大きいのは「個人の資質」だが、30代には30代の、そして40代には40代なりの「恋愛傾向」というものがあることに、年齢の異なる男性たちと恋に落ちたことのある女性はきっと気付いているハズだ。

その「年代別の恋愛嗜好」を知っていれば、難解な恋愛ゲームの手助けとなるかもしれない。今回は「イマドキ20代男子の恋愛傾向」を探ってみた。
“彼氏が20代”“気になる相手が20代”なあなたは是非参考にしてみてほしい。

1.一度の否定が全否定!? 20代男子の心理とは


・「私より6歳年下、27歳の彼氏との付き合いには色々気をつけてたつもりだった。“結婚焦ってる30女”って思われたくなかったから、プレッシャーになるような話は一切厳禁。彼に引かれるようなミョ~な若作りもせず、あくまで自然に振る舞い……。その努力が功を奏してか、“俺らってほとんど同世代じゃね?”って言われるくらい距離を縮めることに成功! でもそれを安心していた私が、ある時いっつもデートに遅れてくる彼の遅刻グセを『ソレさぁ、良くないよ』って注意したら……『もういいよ』ってふてくされられた。以来メールやLINEも途切れ途切れになり、フェードアウトされる破目に……。原因はその“一度の注意”しか考えられないんだけど、一体何がいけなかったの!?」(33歳・化粧品会社)

――イマドキの傷つきやすい20代の特徴は、「ただひとつの否定でも己のすべてへのダメ出しだと思い込む」ということではないだろうか。

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ