片思いマジック!? 憧れの彼に対して一気に冷めちゃう女心とは【漫画】

片思いマジック!? 憧れの彼に対して一気に冷めちゃう女心とは【漫画】の2枚目の画像

片思いマジック!? 憧れの彼に対して一気に冷めちゃう女心とは【漫画】の3枚目の画像

片思いマジック!? 憧れの彼に対して一気に冷めちゃう女心とは【漫画】の4枚目の画像


”限定”――制限された場面というのは、どうしてこんなにも心の隙間に入り、勝手に盛り上げて、何事もなかったように去っていくんでしょうか。
人は”すぐ手に入れることができない”という状況の方が惹きつけられやすいようです。物質的なものは気に入ったらすぐ手に入れたいと思うのに、不思議ですね。
ゲームでも、たまに出てきてタッチしたらコインがいっぱい貰えるなんて仕様のプレミアキャラっていますよね、そんな希少価値があるのかもしれません。

希少価値で好きになるというのは、憧れに近い。憧れって遠巻きから好きでいる状態で完成ですから、好きだからどうしたいのか(生身の恋愛)となると、その先が実はよく分からなかったりして。
くうちゃんはTさんの私服で発動していましたが、調子が狂う(生身を見る)と減点装置が出ちゃうんですよね。でもその装置、満点にする過程でそもそも“本人が不在”なわけなのです。
勝手に想像し放題から湧いてくる“好き”はランチのように日替わりです。

女心と秋の空は移り変わりが早いと詠われていますが、だんだん涼しくなってきて五感も冴えてくる季節。読書をしたり映画をみたりしてお題(場面)をもらい、そこから一歩ひいた想像力を培っておくといいかもしれません。すぐ寒くなって人恋しさで心がマヒしそうになっちゃう前にね。
(大日野カルコ)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡