真の「草食系(絶食系)男子」は意外と少ない? アプローチで気をつけたいこと

今回は「発言小町」から特に“いまどき”のお悩みを2つピックアップしました。
(A)「断食系男子」と、(B)「草食系男子との関係を進展させるには」という投稿です。

Aのトピ主さんは20歳の女子学生で、恋愛に興味がなさそうな「断食系男子」に片思い中。アピールしてもひかれてしまいそうで、どうしたらいいかと悩んでいます。一方、Bのトピ主さんは36歳の女性。会社の後輩に恋をしているものの、彼は「好きになっても、なかなか自分からいけない」「恋愛には消極的」といった「草食系」発言をしているので、自分からどうアプローチしたらいいか、アドバイスを求めています。

「草食系」「断食系」と呼ばれる男性にも、いろいろなタイプがいる


男性が恋愛に消極的になったと言われるこの頃。「気になる男性がそんなタイプらしい」「どう関わったらいいか分からない」と頭を悩ませる女性も増えているようです。ただ、「草食系」「絶食(断食)系」といわれる(そのように見えたり、「自称」したりする)男性全員が、本当に「恋愛にあまり興味がない」というわけではなさそうです。いろいろと取材してみたところ、主に以下のようなタイプに分けられるように思います。

(1)恋愛に興味はあるものの、「肉食の人たちほど積極的ではない」という理由で、「自分は草食」だと言っている男性
(2)恋愛に興味はあるものの、女性の心をつかむ(満足させる)自信がないため、自分からは積極的にアプローチしたがらない男性
(3)恋愛に興味はあるものの、「結婚を迫られたくない」「責任を取りたくない」という理由で、真剣に交際することに消極的な男性
(4)恋愛に興味はあるものの、「仕事や収入面で一人前になるのが先。だから今は恋愛や真剣交際をする気がない」という男性
(5)恋愛に興味がないわけではないが、「傷つくこと」や「面倒なこと」を極端に嫌い、現実の女性との深い関わりを避けている男性
(6)恋愛への興味・関心が低めの男性。しかし結婚や、家庭を持つことに特に抵抗があるわけではない
(7)恋愛や女性への興味のなさが突出している男性。他分野への関心を持つ人が多い。極端に自分好きな人、女性嫌いの人も

このうちいくつかにあてはまる男性もいると思いますが、“本当”の「草食系」は(2)や(6)のタイプ、「絶食(断食)系」は(7)のタイプを指すのではないでしょうか。そのほかの男性たちは、それぞれの理由から一見「草食系」「絶食系」に見えることもあるものの、実際は違うということです。

恋愛に興味があっても、「真剣交際できない」「したくない」という人も


詳細に見ていきましょう。まずは(1)。最近は自分のことを「草食」と称する男性もいますが、その定義は人によってかなり曖昧です。好きになれば自分から女性に告白するようなこともあるけれど、「必要以上に“ガツガツ”していない」という意味で使っている男性もいるようです。

(2)は自分の恋愛力やスキルにあまり自信がないタイプです。「絶対にうまくいく」という確信がないと自分からは動かない傾向があり、必然的に、アプローチしてくる女性と交際するパターンが多くなります。それで順調に円満なカップルになれることもありますが、受け身でスタートした恋愛のため、早々に別れてしまう……というケースも見受けられます。

(3)は、いわゆる「結婚恐怖症」とも言える男性たち。「さまざまな理由から「結婚」がネックになっており、真剣交際に二の足を踏んでいるタイプです。本当は女性が好きだし一人は寂しい、でも「交際したら結婚を迫られる」という恐怖から、ライトな関係やグレーな関係を繰り返す人も、中にはいるようです。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事