しくじり女子に足りないのは割り切り力!? 結婚するのに不要な3つのプライドとは

前回の記事では、“婚活をはじめた女子がつまずきやすい、挫けやすいポイント”についてお知らせした。
努力のわりにちっとも成果が出ないことにげんなりし、結婚への道をリタイアしてしまう女子はとても多い。
本日のコラムではその「婚活の苦しみ」を乗り越え、見事ゴールインに至った先輩たちの意見をまとめてみた。いまめげている女子は参考にしてほしい。

1.私は商品! と割り切った


・「お見合いパーティなんかだと、大量の男女が並んで、ベルトコンベア式に話をするのが定番。それってなんか“工場の検品”みたいでイヤになることがありますよね(笑)。そんなときはもう『私は商品なんだ!』と割り切るようにしました。『結婚相手としてはちょっとトシがいってるけど、安定した職があって料理が上手い』とか『常識をわきまえたしっかり者!』みたいに“私を妻にすることのメリットとデメリット”を押し出すようになったとたん、何人かの男性に誘いを受け、今の夫に決めました! 婚活に割り切りは絶対必要だと思う」(37歳・公務員)

――婚活システムに反感を覚えるのは、ごく自然な感情ではある。けれど考えてみればこっちだって男性を『この人って夫として適切?』『年収は? 将来性は?』な~んて品定めしてるのだから、ある程度の不快はお互い様なのだ。
誰だってはじめての商品を手に取るときはそこに書かれたラベルをよく読んでから購入を決めるモノ。それならばキッチリと自分のアピールポイントを前面に出したほうが、あなたに合うパートナーを見つけられるのだ。

2.婚活に伴うイタイ出費はペナルティ


・「婚活にかかる出費ってホントにキツい! でもコレは『若い頃になにもしてこなかった罰』『さっさと夫をゲットできなかったペナルティ』だと思って諦めた(笑)。若くして玉の輿に乗った友達をうらやんだこともあったけど、そういう子たちって学生時代から男ウケする服装だとか仕草だとか、“男をオトすための努力”をちゃんとしてた。昔の私は彼女たちのそういう“女としての正当な努力”を見下してバカにしてたから今さら高い金を払ってるんだ、と言い聞かせてます(笑)」(34歳・金融)

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ