着やせと暖かさの両方ゲット! 着膨れしないコートの着こなし術【イラスト】

ついに今年もコートが必要なシーズンに突入! 寒いとついつい厚着して着膨れしがち……。「おしゃれは我慢」とも言いますが着やせしつつ暖かい着こなしをしたいところですよね。
ということで、今回は、コートを着ても着膨れしない方法&スタイル良く見せるためのポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

1.厚手のアウターでまず防寒!


言わずもがな、といった感じですが、冬はやっぱり1枚で防寒できる厚手のコートが大本命! 防寒対策は1枚で暖かいコート&首・手首をあたためることから始めましょう。
ムートンやファーコート・ダウンコートなどはかなり暖かいアイテムとして定番ですが、形としては首・手首まできちんと長さがあるものを選ぶのがおすすめ。
袖が短いタイプには、ロングタイプの手袋をして防寒対策を!
首回りがつまったハイネックコートはおしゃれに、ファー襟ならかわいく着こなせます。
素材も大切! 暖かさとクオリティを求めるなら、コートはウール100%のものを、ダウンコートならダウンとフェザーを使ったものを選びましょう。
暖かい厚手のコートが大本命!首・手首などすべての“首”と名のつくパーツをあたためることで体があたたまりやすくなります
暖かい厚手のコートが大本命!
首・手首などすべての“首”と名のつくパーツをあたためることで体があたたまりやすくなります

2.インナーダウンを使う


数年前から種類の増えてきたインナーダウン。薄手なのに軽くて暖かくて、とっても優秀です。薄手のコートと合わせれば真冬でも大活躍!
チェスターコートなどの場合は、外から見えないように配慮されたVネックタイプを合わせてみてくださいね。インナー用としてではなく、アウターとしてきてもオシャレなデザインもあるので使い道に合わせてお好みのデザインを見つけてみましょう。
さっと脱ぎ着できるインナーダウンは、寒い季節の暖房対策にも最適です。
さっと脱ぎ着できるインナーダウンは、寒い季節の暖房対策にも最適です。

3.縦長効果を狙う


ロングネックレスを付けたり、ストールを巻かずにたらしてみたり……。縦長を強調するアイテムを使うと、スタイルをすらっと見せてくれます。
ショルダーバッグも斜めがけではなく、片方にかけて。
ボトムスなら、プリーツスカートやタックパンツ、ストライプ柄のものにすると縦長効果バツグンです!
プリーツスカートは、レザー素材のものなら防寒にもなるのでこれからの季節に使えます!
トップスや丈の短いものやウエストインして足を長く、スタイル良く見せるのがオススメです。
白など淡い色はかわいいですが膨張色なので、気になる方は黒やダークブラウン・ネイビーなど濃い色の引き締めカラーを狙ってみてくださいね。
淡い色やボリュームのあるものを使いたいならトップスへ。重心を上へ持っていくことでバランス良く見せます。
淡い色やボリュームのあるものを使いたいならトップスへ。重心を上へ持っていくことでバランス良く見せます。

4.ボトムスは同系色・タイトなものを


コートにボリュームがあるので、ボトムスはスキニーやタイトスカートなどタイトなものにするとすっきりとした着こなしが出来ます。
さらに流行中の台形ミニスカートなど、タイトだけど裾が少し広がったものなら、脚が細くきれいに見えます。
ワンピースやニットアップ……トップスとボトムスは同系色でそろえると、着やせして見えますよ。
ボトムスとタイツや靴を同系色にすると足長効果も抜群です。
コートの下は同系色ですっきりと!上半身にボリュームがあっても、下半身がタイトだとすらっとして見えます。
コートの下は同系色ですっきりと!
上半身にボリュームがあっても、下半身がタイトだとすらっとして見えます。

防寒対策は必須だけど、冬もおしゃれですっきりした着こなしがしたいもの。
冬物を購入する際にも良かったら参考にしてみてくださいね!
(moeoohachi)
1

この記事を書いたライター

moeoohachi
イラストレーター・デザイナー トータルコーデ(ファッション・ネイル・メイク)をメインに、イラストを描いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきファッション・コーデ記事5選♡