付き合っていても不安な恋は本物の恋じゃない?

不安……できればご遠慮願いたい感情ですよね。あなたが不安を感じるのはどのようなシーンでしょうか? 「給料日まで1週間以上あるのに、財布に9000円しかない」とか、「風邪とは明らかに異なる体調不良……まさかインフルエンザ?」とか、日常の様々なシーンに不安は潜んでいます。では、恋愛シーンではどうでしょう?

女性は皆、恋愛体質!?


「彼氏とのLINEラリーがパタリと止まってしまった」とか、「次の週末は予定があるから会えないって言われたけど、予定って何だろう」とか、恋愛シーンにおいて不安を抱える女性は少なからず存在します。冒頭で挙げた、給料日前云々だとか、体調不良云々で不安になる人よりも、よっぽど多いのではないでしょうか。大半の女性が恋愛体質である証しですね。

好きだからこそ湧く不安


さて、なぜ恋する女性たちは不安になるのでしょう。一つは、「それだけ相手のことが好きだから」という考え方ができます。恋愛感情のない男友達とのLINEラリーが途切れたところで、痛くもかゆくもないですからね。好きな人だからこそ、「もしかして私、失礼なこと書いちゃったかな」などの不安な気持ちが湧くのでしょう。

彼を信じられないから湧く不安


不安になる理由の二つ目は、あなたが相手男性を信用できていないケースも……。「次の週末は予定があるから会えない」に対して、「○○君はイケメンでモテるだろうから、もしかして別の女性とデートかも」と不安になる女性がいますよね。相手男性を信用できていれば、イケメンだろうとモテるタイプだろうと、彼は絶対に自分を悲しませるようなことはしないと、どーんと構えていられるはずです。

自分を信じられないから湧く不安


逆に、自分自身を信じられない女性も存在します。「私なんて、美人ってわけでもないし、会話が上手なわけでもないし、彼の関心がなくなる可能性は大いにありうる」などの理由から、不安に陥ることもあるでしょう。

そもそも彼が不安を与えるようなキャラ


不安になる理由の三つ目ですが、相手男性がガチで不安を与えるような人物だと、不安になって当然です。「男友達の付き合いで、合コンやキャバクラに顔を出すのは日常茶飯事」とか、「仕事が忙しくなると、プライベートに一切意識が向かわず、数週間音信不通になるのが当たり前」とか。

不安状態=自分らしくない


ここまでいくつか、不安になる理由を提示しました。ここからは、不安を解消させる方法です。ではなく! 極論になるかもしれませんが、不安を与えるような男性は、所詮は「運命の相手」ではないと、筆者は考えます。運命の相手は、自分が自分らしく呼吸できる相手です。不安な状態って、明らかに普段の自分らしくないですよね。

ほんのちょっとLINEラリーが途切れただけで不安になるのは、ぶっちゃけ異常事態です。「ほかの女性とデートしているかも」と思ってしまうような、信用ならない人物と交際していることも異常事態です。あなたは充分素敵な女性なのに、「私なんて美人でもないし……」と、極端に自分を卑下するのも異常事態です。「どんなに忙しくても音信不通になるのはおかしい」が、あなたの価値観ならば、それに合わない人物と交際していることも異常事態です。

そりゃ、付き合っていれば多少の不安は付き物でしょうが、不安の占める割合が極端に多いと、うまくいっていないように見受けられます。自分が不安状態になるような恋愛は、いっそのこと手放してしまうのも、選択肢の一つですよ。
(菊池美佳子)

この記事を書いたライター

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ