考えておきたい婚前契約のメリット・デメリット

ラブラブな結婚をするときには、その幸せが永遠に続くものだと信じているはず。もしもめごとが起こっても「仲がいいから、すぐに解決する」「信頼しているから、大きな問題にはならない」なんて思っているのではないでしょうか? でも、本当の幸せを追求するなら、幸せなときほどトラブルに対しての備えをしておくべきかもしれません。最近話題の婚前契約。あなたならどう考えますか?

婚前契約とは


欧米では一般的な婚前契約。結婚生活を送る上での取り決めや、離婚の際の財産分与、親権などについてあらかじめ決めておくことです。財産などなくてもお金のトラブルというのはわずかな金額から発生するもの。しかも愛し合っていたふたりですから、離婚ともなれば愛情が憎しみに変わっている可能性もあるわけです。そうなると「1円たりとも払いたくない」という感情が起こり、家具や食器だって取り合いになるかもしれません。そこをスマートに終わらせるために、婚前契約というものがあります。

あいまいを美徳とする日本人


日本の文化として、人の気持ちの肝心な部分はぼかし、あいまいなであることが良しとする風習があります。空気を読みながら、その都度状態に応じて対応していけばいいじゃないか、という感覚ですね。浮気をしたらどうするか、子供の面倒はどちらが見るかなんて、今からわざわざ決めなくてもよいというわけ。
でもいざトラブルが起こると、あいまいにしていたおかげで、どちらが悪いかの押し問答。言った言わないという口論が繰り返され、家に帰るのも億劫に。帰っても子供の前で大ゲンカするなど、家庭内は殺伐とした空気に包まれます。このときになって、ようやく「最初に決めておけばよかった」と後悔しても遅いかもしれません。

でも欧米の場合は、問題が起これば良心も誠意も通じず、むしろ不信感が募ること、憎しみまで宿ることをすでに前提にしているのですよね。こんな殺伐とした空気を長引かせたくはないので、そのための策として婚前契約を結んでおくのです。せっかく愛し合って結婚したのです。「だからこそ最後まできちんとしたい」と思うのも、一種の愛情。婚前契約は結婚前のラブラブ時期だからこそ、冷静に考えられることなのかもしれません。

婚前契約は結婚生活においての決まりごとも含まれる


離婚問題だけではなく、結婚生活を送る上で守って欲しいことを取り決めておくのも婚前契約のひとつです。結婚してみないとわからないことって、意外とたくさんあるのですよね。特に、ふたりがそれぞれ稼いできたお金は、どう管理するのか。「私のほうが多く稼いでいるのに、家事までやらされるなんて」という、不満もあれば、完全にあなたの財布まで管理される可能性もあります。また籍を入れてから、急に相手のご両親が結婚生活に口をはさんできたり、相手方に面倒な親戚がいることを知ったり……。隠し子や隠し借金が明らかになれば、予想外の展開が訪れるのですから大変! 結婚前にきちんと確認しておき、「もしも結婚後に約束を破ることや、隠しごとが発覚するようなことがあればこうしてもらう」と明示しておくのは大事。

日本ではまだまだ一般的ではない婚前契約ですから、話を持ち出すのは勇気がいります。頑張って婚活してきた人ならなおのこと。「トラブル対策として契約を交わしてください」と言えば、引かれそうですよね。そこが一番のデメリット。結婚式場のアンケートによると、「実際に婚前契約を持ち出されると、結婚を考えてしまう」、という人も多いのだそう。ロマンチックムード満載の中で、こんな現実的な話を持ち出すのも味気ないですし、そもそも言い出せるかどうかも自信がない、という人もいるはずです。

けれど、あなたが婚前契約を提案するとは限らず、相手からの提案もあるということを考えておきましょう。結婚をすれば月に一度は親に会いに行くとか、外に働きに出てはいけない、と言われるかもしれません。ただ、それならお互いに「こうしてほしい」ということを書き出して、じっくり検討するのがおススメ。これは守れそうだけど、これは無理、という部分を話し合って、後はどう折り合いをつけるかです。結婚したい気持ちばかりが前のめりになって、相手の無茶な契約書にサインするようなことは避けてくださいね。

結婚しても夫婦円満、離婚することもないのが一番です。特に女性は摩擦を起こしたくないために、何かあっても我慢しがちなんですね。不穏な空気を感じ取ると、大ごとにしたくないと思い、何とか話し合おうとします。そこで話し合いを持ち掛けても、男性が面倒くさがってしまう。男性と女性では不安に思う部分が、そもそも違うのです。そういう意味でも、婚前契約は個人的にはオススメ。取り交わしておくだけで何かあったときに安心ですし、後は存分に結婚生活を謳歌できるはずです。
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡