なかなか洋服が捨てられない…女子が心得るべき断捨実践術

12月も後半に入り、いよいよ年末へ。やり残したことは多くても、大掃除だけはきっちりやりたい。毎年、気合だけは十分なのに途中で挫折して「まぁ、このくらいでいいか」と、結局間に合わないパターンを繰り返してしまう筆者。
今年こそはと、お片づけの極意(加えてできれば恋愛運アップの方法)を、やましたひでこ公認・チーフ断捨離トレーナー、南前ひとみさんにお伺いしました。

大掃除、どこから始めればいい?


断捨離では、まずモノの総量を減らすことをおすすめしています。
部屋を見回すと、「自分が管理出来るモノの量より、上回るモノがあっては片付かない」ということに気づくのではないでしょうか?
そこで、もう使わないゴミと思えるものからさくさくと処分していきましょう。引き出し一つ……とか、すぐに簡潔できそうな簡単な所からがおすすめです。

そう言われて見回してみると、もう使わない資料や、また読むかもと思って置いてあった雑誌、可愛いけれどきっと使わないお菓子の空き箱、あ〜、全部ゴミです。猫のひたいほど狭い私の管理能力に見合わないモノ達がいっぱい。まずは「モノが多すぎる」って事実に気づくことが大切なことなんですね。

「なかなか洋服が捨てられません」


自分で自分に質問してみましょう。「その服は、今でも着たいですか?」答えは大抵NOですね。着たいなら、きっと頻繁にに着ているはず。
旬を過ぎたり、本当は似合わないと思っている服ははっきり「着たくない」と知っているのです。そんな自分の気持ちを大切にしてみる。
高かったからとか、まだ着れる……は洋服への執着。
諦めきれないなら、今すぐ着てみて、気分がいいかを確かめてみて下さい。
「今の私が着たくない」服は、「ありがとうとごめんね」を添えて処分してスッキリしましょう。

自分に似合っていない。よく分かっているのですが、その時は何を血迷ったか高額で購入してしまった服……わかっているのに捨てられないんですよね。
でもよくよく考えてみれば、やっぱり今後も着ないんです。フラれてしまった片思いの彼と一緒!?
ほぼほぼ振り向いてくれることはありません(号泣)。この現実を受け入れられたら、大人の女性への階段を一歩登れるのかも。

アクセサリーやバッグなどの小物もどんどん増える


これも洋服と同じですね。「今の私が付けてもワクワクする?」
古くても、今も大事だと思えるモノはちゃんとお手入れして大切に使いましょう。何でも捨てなければならない訳ではありません。
「自分軸」で、時間軸は「今」。今の私に必要で、なおかつ適している、しかも心地よい…そんなモノに囲まれた暮らしはきっとごきげんですね。断捨離は、不機嫌要素を取り除くことにも繋がります。

“自分の不機嫌要素を取り除く”。ついつい片付ける時には「まだそんなに使ってないから」と色々頭で考えがちですが、もっと心に従って、捨ててしまっていいんですね。そして、自分にとって大切なモノはきちんと残す。これを繰り返すうちに、だんだん自分の心にもメリハリがついてきそう。

他に心がけることは?


断捨離はトレーニングです。いきなり難しいものにチャレンジしたり押し入れ全部をひっぱり出して整理を始めたりすると収拾がつかなくなります。
そこで、簡単なところから始めることをお薦めします。どう見てももういらないモノからトレーニングしましょう。取捨選択の能力が高まると、徐々に難しい選択もできるようになります。
断捨離の目的は、捨てることではありません。
より良い暮らしをして行く為に、モノの管理に取って代わられてきた時間・空間・エネルギーを本当に使いたい事に使おうという提案です。
どうでもいいモノを無自覚、無意識にとっておいて実は苦しんでいる状況をスッキリさせましょう。

恋愛に効く、片付けテクニックってありますか?


南前ひとみさんのセミナーでとても好きな題目に「婚活断捨離」というのがあります。
そう、もちろん断捨離は婚活中の方にも有効です。家が片付くと、ごきげんになります。ちょっとしたイライラが減るのです。
断捨離すると誰でもスッキリとした洗練された空間を作れます。
その過程で、心が変わって、幸運が舞い込む。あなたの人生も変わりますよ。

――確かに部屋が散らかっていると、イライラしがち。そんな気持ちを引きずっていると、恋愛運どころか様々な人間関係にも影響を及ぼしてしまいそう。「散らかってしまった部屋を片付ける」と考えると、ちょっぴり億劫になりがちですが、「恋愛運アップ、心をスッキリさせるぞ!」と考え方を変えて取り組んでみるのもいいかも。

まずは簡単な場所から始めてみましょう!
(ミカマイコ)
1

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡