自然消滅かも…… 音信不通の彼氏への思いを断ち切るコツ

最近、「付き合ってはいるけれど一カ月以上会わない」という、いわば“自然消滅寸前カップル”が増えているらしい。
忙しくて会わないことが「離れてても平気なくらい信頼関係にある」とか「心は繋がっている」のであればいいが、二人の関係が淡白すぎるならば要注意だ。

「もう付き合っているかいないかさえ分からない」「連絡の途絶えた彼のことをうまく断ち切ることができない」――今日はそんな女性のための「彼のことを思いきるためのコラム」である。どうか新年をスッキリした気分で迎えて欲しい。

1.自分の中で「彼氏・彼女」の定義を決める


・「友達の紹介で知り合った彼と“せっかくだから付き合ってみる?”ってことになり、三カ月……。お互い仕事が忙しいこともあり、二カ月めくらいから何となく疎遠に……。デートどころかLINEも途絶えがちになり、今じゃもうとても”彼氏だ“とは言えない状態に。悲しかったけど自分の中で『メールしても無視する人は彼氏じゃない』『一カ月以上も会わなくても平気な人はもう彼氏じゃない』と割り切った。未だ彼からは連絡ないけど、私の中ではもう見切りをつけてます」(20代・団体職員)

――“自然消滅寸前彼氏”は「私のこと、もう好きじゃないの?」「わたしたち、どうなるの?」なんて問い詰めたとしても、その悲痛な声にすら返事を返さないことがほとんど。
自分が傷つくのは避け、フェードアウトを狙う彼らがいかにも修羅場になりそうな女の懇願を無視するのはある意味当然なのだ。

そんなとき女にできるのは、心のなかで「自分の恋人の定義を定める」こと!
「LINEを3日返してくれない人は彼氏にあらず」だとか、「コレだけ真剣なメールを無視するヤツなんて恋人じゃない」とか、あなただけのマイルールを決めてしまえばいいのだ。つれない恋人を思いきるのは自分の気持ち次第。キッパリとした恋のルールを作ろう。

2.この先のことを想像してみる


・「『忙しい』を理由にぜんぜん会ってくれない彼。最初は私もガマンしてたけど、誕生日を無視されたのはさすがに落ち込んだ。このままだとクリスマスだって怪しい……。“これから年末に向けて彼の仕事はもっと忙しくなるよなあ” ”“来年のバレンタインとかホワイトデーとかのイベントも無視されそう”って先のことまで想像したらなにか馬鹿らしくなってきた。それで『忙しそうだね、ごめんもう会わない』ってメールを最後に私のほうから別れた。カレからの連絡を待ち続けて悶々とした年越しをするよりこうして良かったと思う」(30代・イベント)

――女子にとって想像力は自らを守る武器になる。男は現実に直面しないかぎり想像を働かせることはあまりないが、女はつねに「もしも」を考えることができるのだ。「もし今の状態が続いたら……」「この先もずっと彼が変わらなかったら……」という問いの先にある答えは“タダの推測”ではなくてたいていの場合“現実”になるもの。予測できる未来に耐えられそうにないと感じたら、キッパリと身を引くことができるのだ。

3.好きな人を別に作る


・「ホントに悪いなとは思ったんだけど、いつも既読スルーの彼氏にウンザリして、合コンに行っちゃいました。私は浮気とか絶対イヤ派だったんだけど、『私を放置しとくってことは好きにしてイイってことだよね~?』って折り合いをつけた(笑)。そこで『あ、この人いいなぁ』って感じの人と出会えていまは片思い中。他に思い人ができると連絡のくれない今カレのことなんてどうでもよくなった(笑)」(20代・web編集)

――“あやふやな関係の彼”を思いきる究極の方法がコチラ。たとえ両想いにならなくったってよい。実際には付き合う可能性すらない相手だってかまわない……。
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ