だから男はめったに「愛してる」なんて言わない。男が考える「恋と愛」の違いとは

先日の記事では、「女が思う“恋と愛の違い”」について考察した。
女性は「恋」をいっときのもの、「愛」はずっと続くものととらえていた。

では男性は「恋愛」と「愛情」の違いをどうとらえているのだろうか?
気になる男性と愛を築きたい女性はぜひ参考にしていただきたい。

1.「恋は性欲、愛は安定」


・「ぶっちゃけ恋愛ってセックスしたいかそうじゃないか……だと思います(笑)。知り合いに超美人で『すげえこの子と寝てみたい!』って子はいるけど、別に俺はその子のことを愛してるワケじゃない(笑)。恋してるか?って言われたらそうかもしれないけど……。性欲と愛情はぜんぜん別モノな気がするな~」(20代・美容師)

・「結婚して10年以上になる妻に対して『恋してる?』って聞かれたら答えはNO。毎日顔を見ないと心配で仕方ないっていう焦燥感みたいなモノはとうの昔に消えたし、向こうもそうだと思う。でももし『愛してるか?』という問いだったら『あたりまえだろ!』ですね。もう自分には絶対に欠かせない存在です」(40代・証券)

……男性たちが「恋と愛の違い」についてもっとも多く「ココが違う!」と答えたのがコレ。ニュアンスに多少差はあっても、“求めたり奪うのが恋”と思っている男性が多かった。
「恋は刺激、愛は安心」「激しい欲求=恋、穏やかな感情=愛」という感じだろう。
付き合いの長い彼氏を持つ女子ならばその気持ちがわかるはず。
「彼と毎日でも会いたい!」「ずっと触れ合っていたい!」なんて情熱はもうなくても、「離れるなんて考えられない」……そんな絶対的な存在が「愛情」なのかも知れない。

2.「愛は欲しい、でも恋はいらない!」


・「色んな女と付き合ってきたけど、恋愛ってめんどくさいだけ。ぎゃあぎゃあ泣かれたりヒステリー起こされたり、たま~に謙虚な子がいたと思えばミョ~に押し付けがましかったりで……。正直もう恋なんかいらない、でも愛は欲しい! 究極、女はいらないけど子供は欲しい! 恋愛よかもう家族愛でいいよ(笑)。コレが周囲には言えない俺の本音」(30代・音楽関連)

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ