なぜ年上女性は好かれるの? オトナ女子が持っている3つの魅力

若い女性も可愛くていいけれど、「年上や大人の女性が好き」という声もよく聞かれるこの頃。容姿の美しさをキープしている女性が増えていることも理由なのでしょうが、大人の女性の魅力は、どうやら「精神力」にもある様子。その魅力について掘り下げてみました。

「放っておける力」「安定力」「諦める力」がある


(1)「ほっとき上手」


まずはこれ。オトナ女子には「男性をほどよく放っておける力」がある方が多いです。一般的に、男性は束縛されることが嫌いで、恋愛も「義務」ではなく、あくまで「自由意思」の形で進めていきたがる傾向があります。しかし、女性はコミュニケーションを渇望する生き物。特にLINEやSNSが主流になっている現代、男性が放っておいてほしいとき――例えば、仕事に没頭したり、一人になりたがったりしている瞬間でも返事を求めるなどして男性を疲弊させ、恋愛がダメになっていくケースも少なからず見られます。

しかしオトナ女子は、このあたりの手綱引きが上手な人が多い。世代感覚の違いもあるでしょうが、「相手の時間を待てる力」があるので、恋愛以外で“集中モード”に入ってしまった男性を追い回さない。不安定になったりヒステリーになったりして追い詰めもせず、男性が自分のペースで戻ってくることができるので、「この女性となら穏やかに関係を維持していける」などと感じさせやすいようです。

(2)「安定上手」


また大人の女性は、「比較的、心が安定していること」も魅力です。元々そういう性格でなくとも、長く生きるなかで経験と自信が積み上がっているので、何かが起きても「まあ、どうにかなるよ」「大丈夫でしょう!」とドンと構えて不用意にオロオロはしないので、頼れる存在だと感じさせることも多いようです。不安定な世の中、将来不安を感じる男性も増えているので、精神的に安定している女性は、それだけで大きな魅力となるのでしょう。

(3)「あきらめ上手」


必要なときには「諦められる力」があることも、大人の女性の魅力です。年齢を重ねると、現実に無理に“あらがわない”生き方を身につけていく方も多いですよね。ちゃんと頑張るけれど、どうにもならないと分かれば、潔く諦める。縁がなかったと思えば、好きな人でも手放せる。子どものように地団駄を踏んで「イヤだイヤだ」と現実に抵抗するのではなく、上手に諦めて、新しい活路を見出す――。そんな軽やかで執着心のない態度が、逆に男性を惹きつけることも少なくないようです。

人付き合いの“距離感”が上手。コミュニケーションスキルはプラスに


無論、年齢を重ねれば必ず上記のような「大人の女性」になれる、というわけではありません。しかし経験から学べる事は大変大きく、失敗も成功も含め、経験をきちんと栄養にしていけば、精神的に成長することは誰でも可能ではないかと思います。

上記の3項目はすべて「コミュニケーションスキル」にも通じますが、若い頃の恋愛は、どうしても自分の思いだけで暴走しがちですよね。相手を尊重できないことも多く、エゴが暴走して、自分都合で相手を振り回してしまうケースも少なくありません。しかし大人の女性は、社会人としての成長や恋愛の経験値などから、コミュニケーションスキルが上がっている。その結果、異性と良い関係を築く力も備わってくると考えられそうです。

時々は「甘え上手」になれると最強かも!?


ただ、精神的に成熟したオトナ女子が気をつけたいのは、「頼り下手」「甘え下手」になってしまうこと。遠慮したり、諦めたりするのが得意になる分、自分が必要なときに「助けて」「寂しい」と言えなくなるケースも目立ちます。「好きな女性に頼られたい」という男性の自尊心を満たすことができず、恋愛チャンスを逃してしまう場合も。自覚がある方は、ぜひ意識して時々は我慢せず弱音を吐いてみたり、無理のない範囲で甘えてみたりしていきましょう。そうすることで一層、大人の女性としての魅力が映えると思います。

心の成長は一朝一夕にできないもので、長く生きてきたからこその魅力は必ずあるはず。もしそう思えない方は、自分で「昔よりこんなところは成長したな」と思えるような“内面の成長”を紙に書き出してみるのもおすすめです。「全然、成長していないかも……」「中身は子供っぽいな、だから恋愛がうまくいかないのかも?」なんて思う方は、ぜひ内面の成長目標を掲げてみてはいかがでしょうか。
(外山ゆひら)
1

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事