東京大神宮お参り女子に告ぐ!よりよいご利益を手にするための心得4つ

以前、恋人がいない女子は6〜7割にものぼるという記事を書きました。これを裏付ける証拠が欲しい! ということで、このお正月に私は東京一有名な恋の神社と言われる東京大神宮にお参りに行ってきました。
こちらは太陽の女神である天照大神、男女の結びを意味する造化三神、絶世の美女の倭比賣命が祀られています。日本初の神前結婚式がとりおこなわれたということもあり、縁結びの神様として未婚女性参拝客がどんどん増えています。

そして、「彼氏が欲しい女子が多い」という事実をその目で確認。午前中の早い時間に到着したにもかかわらず東京大神宮から駅に続く道は……推定年齢20~30歳の女性参拝客でびっしり。人気バンドのライブとまちがうほどのきらびやかな女子行列ができていました。

鳥居をくぐりぬけ、神様にお会いできるまでなんと2時間も並ぶことに!
もちろん、恋愛成就祈願に限らないかたもいることでしょうが、行列しながらこっそり女子の方々のお話を聞くに「まじで彼氏欲しい」「そろそろ結婚しないとやばくない?」「ここで職場の同僚に会ったらいやだよね、焦ってるみたいで」「年末、カレシと別れたばっかなのに東京大神宮?(笑)」「このあと合コンだから気合入ってるし」……なんて声がちらほら。参拝に並びながらマスカラを塗り直す強者まで。

このように、年初めの今の時期、新たな出会いを期待して恋愛の神様にお参りしている女子も多いはずですよね。そんな純粋な気持ちにプラスして、心を磨く女子マナーを身につけると「恋人ができる率」ももっと高まることはまちがいありません。というわけで今年彼氏ができるための心磨き4つをご紹介したいと思います。

1.公衆の面前で化粧をしない


お参りの行列、電車の中、駅のホーム、信号待ちなどでツケマをチェックしたり、パウダーをパフパフはたかないように。メイクはおうちかお化粧室で。人前でやってかっこいいものではありません。

2.周りの人に配慮した会話


人の陰口や、会社の不満、彼氏との秘密の話、「てかさあ」系のネガティブ話なんて、関係ない人は聞きたくないもの。大きな声でペチャペチャ喋るのはやめましょう。
20歳もすぎてから「マジで~!」「うっそ~!」「やばくない〜」と大声ではしゃがない。女子高生の真似はやめましょう。

3.お化粧室をきれいに使う


デパートやファッションビルのトイレがきれいだと安心するという女性は多いはず。ならばその気持が連鎖するように、あとの人のことを考えてきれいに使ってみませんか。手洗い場が濡れていたらティッシュで拭くとか、髪の毛や紙くずが落ちていたらゴミ箱に入れるなど小さなアクションを心がけましょう。あとの人も喜びます。その行動は知らぬうちにほかの所作にも滲み出てきます。

4.お返しの気持ちを忘れない


神社にお参りする時に、良縁のお願いや恋頼みばかりするのはすこしずうずうしい気がします。日頃の感謝と反省をまず思い浮かべることが重要ですね。
そして、いいことがおこったり、うれしい気持ちになったらまたお礼にお参りするのもよいでしょう。そして神様だけでなく、家族や友達にやさしくされたら必ずお返しの気持ちを!

東京大神宮にお参りしてみて、私ももろもろ反省し、背筋がピキっと伸びました。「いくつになっても女子は女子」。すてきな恋を待ち望む女性陣と一緒にウキウキ気分になりました。皆様に理想の彼氏ができますように。
(二松まゆみ)   
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡