その行動はモラハラの兆候かも…「モラハラ彼氏」と縁を切るヒント

「モラハラ男」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 肉体的に暴力を振るうDV……いわゆる“ドメスティック・バイオレンス”とは少し異なり、外傷が残らない言葉や態度による暴力で相手を精神的に追い詰める卑怯な男性のことである。

「モラハラ」という単語で大手検索サイトをのぞいてみると「モラハラ夫」という単語がすぐさま出てくるように、この問題は結婚してしまったあとに発覚しやすい。いわゆる“ふたりきりの密室”であからさまになりやすい。しかし入籍してしまったそのあとではこのワナから抜け出しにくいもの。彼らは外では大人しく、一見良い夫、いいダンナであることがほとんど。だからこそ「まさかそんな」と“被害”に気付くのが遅れたりするのだ。

今回は「結婚する前に彼氏がモラハラかどうかを見極める方法」を“実際被害に遭った”女性からリサーチしてみたので、彼女たちの嘆きをムダにしないようにしていただきたい。

1.メチャクチャ熱心なアプローチをしてくる


・「美人でもなく、家庭環境に恵まれず育ったせいか男性不信気味な私……。男性と交際するなんてムリだろうな~と諦めてた時、なぜか熱烈なアプローチをしてきたのが彼だった。男慣れしてなかったのもあって『こんなに思ってくれる人は初めて……!』と大感激していたのに、体の関係を持った途端彼は豹変。『オマエみたいなブス、他の男なんて抱かないだろ』『てめぇは俺の言う通りにしてればイイんだよ』とか、信じられないくらいヒドイ言葉をたくさんぶつけられた……。彼はただ自分が支配できる冴えない女を探してただけだったんだと思う」(20代・物流)

――モラハラ男たちの“言いなりになる女を探し当てる嗅覚”には恐るべきものがある。彼らはターゲットを見付けたら、モノにするまで決して諦めない。歯の浮くような甘い言葉を平気で使い、そして何より断っても断ってもめげない“諦めの悪さ”を発揮する。
マトモな男性ならば、好きな女性に「ごめんなさい」と一度断られたら素直に凹むもの。幾度拒絶しても全く堪えた様子がみられない……という男性は、「この俺が拒否されるハズがない」という根拠なき自信を抱いている可能性アリ。熱の入ったアプローチには充分気をつけよう。

2.好きなものをけなしてくる


・「付き合い始めた頃から、彼が私の好みをいちいち否定してくるのが気にはなっていた。私が好きな芸能人に対しても『あいつ過去に○○したんだってさ~』とかテキトーなネットの悪評をわざわざ伝えてきたり、趣味の旅行やSNSの投稿も『見栄っ張りなバカのすること』と全否定……。しまいには『オマエはこんなこともわからないのか?』って私を責めるようになってきて超落ち込んだ。それを友達に愚痴ったら、『それって典型的なモラハラ男じゃない?』と言われ目が覚めた。結婚まで考えていた人だったから、あのままなら危なかった……友達にはホント感謝!」(30代・事務)

――男性は誰でも「恋人が自分以外のものを愛することへの嫉妬心」を多少は持っている。あなたが趣味に熱中していたら彼の機嫌が悪くなった……楽しそうに仕事をしてると彼が邪魔してくる……などというのはその典型だ。だがそれが嫉妬なんてカワイイものではなく、「あなたの好みを全否定」「何をしてもバカ扱いされる」なんてことになったら確実にモラハラ男間違いなし。彼からは深い関係になるまえに逃げ出したほうが安全なのである。

3.イヤがることをワザとする


・「ちょっとアレルギーの気があって、私はたまごが苦手。彼にもそれをちゃんと伝えたし、彼も『分かった気を付けるね』って言ってくれたのに、デートのたびに入りたがるのはなぜかオムライス専門店、それも何度も何度も……。その都度『私、たまごはダメだって言ったよね?』って言っても、『あれそうだっけ? 忘れてた』という態度。私が体調悪い時も、買い物に行ってくれたのはイイけれど、『栄養あるから』ってたまごをひとパック買ってきたことも……。さすがにコレはわざとでしょ、そうでなきゃものすごいバカか超性格が悪いんだ……って感じて、即別れました」(20代・デザイン)
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ