職業でクズ傾向がわかる? 年収1000万以上のクズ男に多い職業ランキング

女性は男性の職業がめちゃめちゃ気になる生き物ですよね? それは年収だったり、職業によってある程度どんなタイプなのか、人となりがわかるからだと思います。
でも、(職業でくくりたくはないのですが)、現実にはどうしても「クズ男」が多くなる職が存在するんです……。

色んな男性と出会うのは良いことですが、交際がスタートする前に、フィルターを作っていたほうが心のダメージも少ないはず。多感なアラサー女子のために今回は男性の職業からみえてくる「クズ傾向」をご紹介していきます。

外資系金融


外資系の金融会社に勤める男性にクズ傾向が強い理由としては、恋愛に対して怠惰であることや恋人への優先順位が低いことが起因します。外資系金融男子はとにかく忙しいので時間がありません。圧倒的に時間がないんです。そのため手軽にできる恋愛を好むんですね。
手軽にヤれそうな女子が大好物である彼らは誰かと深い関係になることを好みません。時間がないので「ファストセックス」が好きなんです。女性側もその気ならいいのですが、本気ならある程度上記のことを念頭に入れておいたほうが泣き寝入りをせずにすむかも。

若手起業家


「起業家デビュー」を果たした若手企業家は”承認欲求を満たしたい、支配したい、目立ちたい”などの願望が強くナルシストが多いです。一般的にはこれまで目立っていなかった人が、見返したい! 返り咲きたいなどの願望を手に、起業することが多い様子。会社内の女子にかまわず手を出す人が多め。アルバイト、新人社員、契約社員、などにゴリゴリのアピールをしてくることも多々あります。
自分の会社をハーレムだと思っているのか、はたまたよっぽど出会いがないのか、いわゆる「恋愛童貞」が多くいる現実もあります。
社長という権力に酔いしれてる人が多いので、アラサーにはきついところがありますね。カッコわるい男とはこのことでしょう。若手の女子を遅くまで連れ回したり、いきなりホテルなどに誘う、なんてことはこの手の職業の人によくある話です。

弁護士


弁護士の多くは、長い下積みを経てからやっと夢をかなえたという人がほとんど。つまり長い間、報酬が少ない人が多いのです。ということは、弁護士デビューしてからいきなり高収入になるということ。
このようにある程度の年齢になり急にお金を手にした男にありがちなのが、大多数の女にモテたい願望が爆発するということ。ある女子に手を出したら、その女子の友達にも手を出すなんてことはザラというパターンが多いのです。
筆者の知り合いの弁護士には”とにかく誰か女子の写真を送って~”などと要求する人も多く、毎回「何様だよ」と思います。
飲み会の前に写メを送ってという男性にいい人がいないのは説明せずともわかりますよね。顔やステータスでしか判断できない、そして女をいかに落とすのかゲーム感覚でしかない人になってしまうのも弁護士の特徴なのです。ストレスが多い仕事なので、恋愛に刺激を求めてしまうみたいです。

もちろん上記の職業についてる人の中にも素敵な人はいると思います。しかし上記の職業の共通項は高収入であることで、やはりお金を持っている男は男の性に忠実になってしまうことが多いんです。

昔から母に、「男には金を持たすな」と言われていたのですが、私の父が会社経営者で非常に女好きだったことを見れば納得もいきます。高収入の裏には罠が待ってるのです。玉の輿にのりたい! というのも分かるのですが、職業を知ったうえでいい人かどうか見極めるのが何より幸せになる秘訣。できるだけクズに当たらないよう気をつけてくださいね。
(エルメス)
1

関連記事

今、あなたにオススメ