モテないのは男ウケを狙うから! 本当にモテる女子は万人受けする〇〇系女子

世の男性は、自由奔放なネコ系女子たちに翻弄されて、疲れたのでしょうか……。
以前流行っていた、切れ長のアイラインが特徴的なネコ目メイクのブームは過ぎ去り、今注目されているのは、柔らかい印象を演出するウサギ顔メイクです。
能年玲奈さんに代表されるような、パッチリお目目に丸い頬のウサギ顔メイクは、父性本能をくすぐり、男ウケ抜群です。そのうえ、清楚で品の良い印象は、男性だけでなく女性からも好感度が高く、ネコ目メイクよりも万人受けしやすいでしょう。

実際、ウサギは万人受けしやすい動物です。
例えばイヌの場合、ものすごく溺愛する人もいる一方で、過度に怖がる人がいるのも事実です。
一方のウサギは、イヌやネコと同じくらい多くのファンがいるかと言えば、そうでもありません。でもその反面、「ものすごく嫌い!」という人もあまり聞かないと思います。

これを恋愛に当てはめると、ネコ系女子やイヌ系女子のように、明らかに男ウケの良いヒットを期待することはできなくても、ウサギ系女子は、幅広く好意を持たれやすい傾向にあると言えます。
万人受けしやすいということは、恋の守備範囲も広くなるということです。
そのような理由もあり、今年はうさぎ顔のメイクが流行していると考えられます。

さらに、魅惑的なうさぎ顔のメイクだけでなく、「ウサギの行動」までも取り入れることができたら、鬼に金棒です! (なんて言うと、急に可愛げがなくなってしまいますが(笑))。

それではさっそくウサギの行動を分析して、人を魅了する仕草を学んでいきましょう。

手に入りそうで入らない、ほどよい距離感をつくる


ウサギの行動で魅力的なものの一つとして、「ほどよい距離感を作るのがうまい」という点が挙げられます。
意外かもしれませんが、ウサギは結構懐きます。
好きな飼い主には進んですり寄ってきますし、飼い主の後ろを歩いてついていくウサギも多いです。でも、いざ抱き寄せようとすると、スルリと逃げられることもしばしば……。
この「手に入りそうで入らない」という、ほどよい距離感が大事です。
「相手に懐いている」アピールはするけれど、肝心なところでは一線を越えないというのがポイントです。

目で気持ちを語る! 非言語コミュニケーションを大切に


ウサギは無表情だと思われがちですが、実は表情豊かな動物です。その表情は、「目」に現れます。
元気で嬉しい時は、目を大きく見開き、つらいときは死んだ魚の目のように目を細めています。
会話が苦手という方は、是非、目で会話をしてみてください。目には気持ちを込めることができます。

たまには予想外の行動をしてみる


相手が自分の思った予想でしか行動しないのは、面白くありませんよね。予想を覆す行動にハラハラさせられます。
ウサギは、じっと丸まっていたかと思えば急に激しくジャンプをしたり、激しく動いたかと思えば、急にゴロンと体を横たえたりするなど、緩急のある行動をとります。
次に何が起こるかわからないと、目で追いたくなるし、興味も湧いてきます。
ボーイッシュな人がスカートを履くのもいいでしょう。
たまには自分らしくない行動をとってみるのも、恋愛において有効な手段です。

これらの行動は、性別問わず心惹きつけられる動作です。
男ウケだけを目指すと、過度なセックスアピールに偏ってあざとくなりがちですが、ウサギの行動は、万人受けする仕草として、恋愛にも活用できる点が多々あります。
性別問わず、男女共に魅了できる人を目指すうちに、いつのまにか恋が舞い込んできていることでしょう。
(おーさか ちさと)
1

EDITOR

おーさか ちさ
恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事