恋愛はやめどきも肝心。ほんとにその彼でいいのか迷った時の判断ポイント5選

恋人でも、微妙な関係でも、片思いでも、「うまくいっていない」と自覚のある恋愛ならば、やめどきも肝心。自分の納得いくタイミングでやめるのがベストですが、「彼氏や仲のいい異性が誰もいない状態になること」を恐れる女性は多く、「他に好きな人もいないし……」という理由でズルズルと決断を先送りにしてしまっている人も見かけます。しかし、うまくいかない状況に甘んじているからこそ新しい恋が始まらない、という可能性も。やめどきに迷う際は、以下のようなポイントを考えてみてはいかがでしょうか。

1.「尊敬できる部分」が言えないと気づいたとき


恋人関係の場合、まず考えたいのは「彼のこういうところは素晴らしいよなぁ」と思える尊敬ポイントがあるかどうか。それが自覚できているカップルは、なんだかんだと衝突しながらも、うまくやっていけるケースが少なくありません。逆に、そういう点がひとつも言えない場合は、「情」や「寂しさ」だけで繋がっている可能性も。腐れ縁や依存の関係である場合もあるでしょう。「私に優しいから」「マメに連絡をくれるから」といった理由ではなく、相手を“人として見たとき”の尊敬ポイントを考えてみましょう。

2.「一日に何時間も占いを見ている自分」に気づいたとき


続いては、片思いや不調の恋の場合。占い自体は楽しいツールですが、一日に何十回も何百回も、彼の気持ちや二人の未来を占ってしまうような状態になっていたら要注意です。現実に目を向けたくなかったり、相手に接触するのが怖かったり、という理由で占いに逃げ込んでいる可能性もあるでしょう。当たる占いももちろんあるのでしょうが、占いではなく自力で”不安”を吹き飛ばす術も身につけていかないと、不毛な時間ばかりが過ぎていくことも。占いばかりして仕事や学業が手につかないような状態が続いているとしたら、それは「いい状態の自分」とは言えないですよね。「こんな不安定な自分になってしまう恋ならば、もうやめよう」と思い切るのも、ひとつの幸せへの決断かもしれません。

3.自分で決めた期限までに、目指す結果が出なかったとき


両思いや結婚を目指す女性にとっては、恋愛は「結果」を求める気持ちとの戦いでもあるでしょう。焦りたくはないけれど、人生は有限。すでに答えが分かっているような不毛な恋に長くしがみついていると、後悔も大きくなりかねません。「今年中になんとかならなかったら、彼のことはもう諦めよう」「◯歳までに、この関係には白黒はっきりつけよう」などと自分なりの期限を決め、そのタイミングが訪れても変化がなかった場合は、有言実行の気合で決断を下すのも一案だと思います。

4.友達に恋バナをしたら、「厳しい態度」「苦い反応」をされたとき


友達の態度も参考になります。恋がうまくいかない時期は、「うまくいかない、不幸だ」などと友達に辛い気持ちをこぼすこともあるでしょう。仲の良い友達ならば基本は優しく受け止めてくれるでしょうが、会うたびに堂々めぐりな恋バナをしていたら、時には厳しい反応をされることも。「友達にうんざりされるほど、今の私は良くない状態になっているんだな……」と気づいたら、自分自身を立て直すきっかけにしてみては。「たとえ彼がいなくても、元気で大丈夫な自分に戻ること」を目標にするのがおすすめです。

5.「気持ちの乱高下」に疲れたとき


また、「LINEが来た!」「お誘いが来た!」と飛び上がって喜び、でも数日後には「返事が途切れた……」「具体的な日程が決まらない(涙)」などと、ひどく気落ちしてしまう――そんな恋をしている人も要注意です。気持ちが乱高下する時期が長く続くと、心はとても疲弊していきます。好きな彼からアクションをもらうのは誰でも嬉しいものですが、その後に気持ちが下がってしまうのは、彼が示す愛情の分量だけでは満足できていない証拠です。安定した恋愛を手に入れるためには、「彼からもらえる愛情で満足できる自分になること」を目指すか、「もっと愛情を示してくれる別の相手」を探すかの二択になるでしょう。

まとめると、その恋をしていて、「楽しい、嬉しい、安心、ありがたい」という感情よりも、「不安、怖い、悲しい、寂しい、不満、イライラ」といった感情が沸き起こる時間のほうが長くなってきたら、その恋はやめどきと言えるかもしれません。

恋がうまくいかないときは、つい“相手のよしあし”を判断しようとしがちですが、「自分がネガティブな状態になってしまう関係である」ことが何よりマイナスなのだと気付きたいもの。「誰と付き合っても、そういう状態の自分になってしまう」という人は、恋愛への依存度が高く、“満足できない病”に陥っている可能性もあるので、相手を見つけるより前に、自分の心の自立に向き合うのもおすすめです。

目指すは幸せな関係。“うまくいっていない恋”に慣れないようにしていきたいものですね。皆さんはどんなときに、「この恋はもう“やめどき”だな」と思いますか?
(外山ゆひら)
1

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡