ちょっとした行動が分かれ目! 彼のかけがえのない存在になる方法

誰にでもひとつやふたつ、夢を持っていると思います。たとえばあなたの夢を叶えてくれる人、そのお手伝いをしてくれる人がいたら、あなたはその人にどんな印象を持つでしょうか? 少なくともネガティブな感情は湧かないはず。
この心理作用を利用すれば、意中の彼のかけがえのない存在になれるかもしれません。

ミケランジェロ現象とは?


「彫刻は石を彫り出してつくるのではなく、石の中にもともと眠っている」という彫刻家・ミケランジェロの思想があります。パートナーの夢や理想が、石の中に眠っている「彫刻」。それを掘り出す手伝いをするわけです。サポートをしたあなたは、パートナーのなくてはならない存在になれるでしょう。
あくまでも彼の願いを叶える手伝いをするのであって、あなた好みの彼に変えることではありません。そこを注意してくださいね。勝手に石を掘り出してはいけませんよ。

日常のちょっとしたことにも適応できる


彼の壮大な夢のお手伝いができればそれはいいことですが、もっと日常的なことでかまいません。彼が「なりたいな」と思っていることを探し出すことから始めましょう。例えばテレビを見ていて、「料理上手な男子になりたいな」とポロッとこぼしたらチャンス。あなたが料理を教えてあげればいいのです。教えてあげる、という印象はなるべく与えないことがコツ。その上で「今度、カレー作ろうと思うんだけど手伝ってくれないかな」と頼んでみましょう。
「字が上手になりたい」というなら、「こうすれば上手に見えるよ」とコツを教える、「歌がうまくなりたい」というなら、うまく聞こえるコツを教えたり「この曲は歌いやすいって、誰かが言ってた」と曲選びのアドバイスを。さらに「カラオケ大好きだから、行くときは誘ってね」と伝えましょう。

もちろん性格的な部分でも同じです。「怒りっぽいところを直したい」と彼が思っているなら、彼が怒りそうになったとき、横で冷静になるようあなたが促してください。「こんな人とケンカして、時間をとられるのはもったいないよ」と耳打ちすれば、彼の怒りはスッと消えるかもしれません。これが何回か続いたとき、あえて「最近、怒らなくなったよね?」と、自覚させるよう言葉で伝えましょう。ハッと気がついて「あなたのおかげかも」という印象を持つはずです。あなたにとっても一緒にいる時間が増え、会話量も多くなり幸せな時間が増えますよね? ふたりの関係は、ますますスムーズに進んでいきそうです。

褒めるということが大事


人は褒められると悪い気はしません。褒めてくれる人に、好意を持つこともあるでしょう。もちろん、褒め過ぎれば歯が浮いて、信用されなくなる可能性はありますが。それでもまったく褒めないより、褒めたほうが好かれやすいです。そして単に褒めるよりも、実践的に褒められる状態を作り出して褒めてあげる。これが重要なんですね。その実践として行うのがミケランジェロ現象なわけです。
だから少しでも変化が現れたら、それを褒めてあげてください。ただし先生が生徒に「よくできました」とハンコを押すような、上から目線にならないよう、気をつけましょう。

あなたのおかげで徐々になりたい自分に近づいていく彼。それがわかればあなたをかけがえのない人だと、感じ始めます。どんな夢も叶いそうな気がしてくるし、もっとそばにいてほしいと思うようになるでしょう。ミケランジェロ現象は本来、お互いの間で持ちつ持たれつの状態で行われるのが理想。彼があなたをなりたい自分に近づけてくれたら、あなたも彼が欠かせない人になるはずです。
そうやってお互いを必要としながら成長していくと、絆も深まり円満でいられるのだとか。あなたも試しに彼の前で、「○○になれたらいいな」とつぶやいてみましょう。何か手助けをしてくれるかもしれませんよ。
(鈴木ナナ)

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ