ギャップから始まる恋は長続きしない? ○○マジックの落とし穴

「新卒入社マジック」という言葉を聞いたことはありませんか。

新入社員の女子たちがマジックにかけられたかのように、次々と先輩の男性社員に恋してしまうという不思議な現象のことです。しかも意外とすぐに冷めてしまう、という点もマジックらしさが出ています。他にもよく耳にする言葉には、ゲレンデマジックなどがありますね。 

では、女性たちはなぜマジックにかけられてしまうのでしょう。世に溢れる○○マジックの秘密を解き明かしてみます。

マジックは非日常空間で起こりやすい


マジックが起こりやすいのは、普段と違う場所であったり時期であったり、非日常的な状態に置かれたときです。こうした状態では、人は高揚した気分になり通常とは異なる精神状態に陥ります。そのため、相手がどんな人物なのかを冷静に判断することが難しく、ちょっとしたことがきっかけでとても魅力的に思えてしまうのです。

マジックの秘密はギャップ


そもそも、女性は非日常や特別なものが大好き。記念日を大事にする女性や特別なデートを好む女性は多いですよね。一方、男性は変化を好みません。カップルの間で「記念日を覚えていてくれない」「いつも決まったデートばかり」なんていう不満が彼女に溜まりやいのも、こうした男女の価値観の差が原因です。

同様に、異性に対して感じる魅力についても男女の間には違いがあります。男性が可愛い女性に対して抱く「萌え」という感情。これは「マジック」とよく似ていますが、これは単にちょっとした細部・ポイントにぐっとくるもので、比較的日常的に起きる感情です。たとえば「メガネ萌え」とはいっても、「メガネマジック」とは言わないのです。

これに対して女性は、普段とは異なる異性のギャップに魅力を感じることが多々あります。代表的なものには、ふだんスーツを着ない男性がスーツを着ていると、かっこよく見えてしまう、という例がありますね。

マジックの効果は長くは続かない


さて、こうしてマジックにかかって男性に恋をした女性が、意中の男性と恋人関係になれたのに、なぜか急に冷めてしまったという話を聞いたことはありませんか。そう、このマジックは簡単に解けてしまうのです。

マジックにかかって恋に落ちた女性たちは相手のギャップに惹かれただけで、その人自身の持つ素の魅力に惹かれたわけではありません。このため、二人が恋人関係になり日常を共有するようになると、そのギャップの魅力が消えて、自分がどうしてこの人を好きになったのかわからない、といった状態に陥ってしまう。これが、マジックから生まれたカップルが長続きしないことの理由でもあります。

これからの季節は進学、入社、転勤など環境が大きく変わる時期です。

こうした時期はある意味、毎日が非日常とも言え、マジックが起こりやすい時期。ギャップの魅力に惑わされることなく、相手の本質をじっくり冷静に見極めていれば、あなたにもきっと素敵な春が訪れます!
(五百田達成)
1

関連記事

今、あなたにオススメ