男子が大喜びする「女子の甘え方」

上手に甘えることができる人の人生は豊かであると、よく言われたりします。
自分ひとりでできないことまでもを、ひとりで抱えてモンモンとしている人を思えば、なるほど、上手に甘えることができる人は、なにかと「豊か」で「おいしい」のかもしれません。

さて今回は、男子が大喜びする女子の甘え方に迫ります。
さっそく見ていきましょう!

1.足をツンツン


「堀ごたつのある居酒屋などで、足をツンツンしてくる女子って、なんかかわいくて大好きになります」(25歳・教材販売)

定番ネタでしょうか。
テーブルの下で、期せずして男女の足がちょっとぶつかって、気まずそうにするより、よほど好感が持てる……ということなのか、男子は「たかが足」であっても、ツンツンされたら、そこに女子的なスイートな甘えを見るのか?

2.「ちゃんと言って!」


「付き合ってほしいということを、話の流れのなかで適当に言ったら、彼女は『ちゃんと言って』と言いました。お互いに付き合いたいという気持ちなんて、もう100%分かっているときに、です」(29歳・IT)

こういうのも、男からすれば女子的なかわいい甘え方に見えるのかもしれません。
男女お互いに分かっていることを、あえて、きちんと言葉にして伝えてほしい……というのは、非常に女子的な思考だろうと思います。
男って「ま、わかるっしょ! おれの気持ちは。分からないじゃなくて察してよ」としか思っていないでしょうから。

3.肩に頭を……


「彼女と並んで座ったとき、彼女はぼくの肩に頭を乗せてきます。ああいう甘え方って、女子ならではというか、かわいいなあと思います」(27歳・広告)

彼女が肩に頭を乗せてきたら、「男として、次、なにをすべきか」が、よく分かるからかわいく思えるんだそうです。
次、なにをするんですかね?

4.「会いたい」


「ストレートに『会いたい』と言ってくる彼女! ぼくが出張続きで忙しいのを知っているにもかかわらず、会いたいと言ってきます。その素直な甘え方に、ぼくはもう彼女にメロメロです」(27歳・通信)

素直さって、女子としてということではなく、人として好感が持てるということではないでしょうか。

いかがでしたか?
素直な甘え方であっても、あざといと感じる甘え方であっても、男にとってはどちらもかわいく感じるのではないでしょうか。
男って、女子に甘えてもらいたいのだろうと思います。
自分のことでいっぱいいっぱいの若い時代をすぎれば、男は自分の気持ちに余裕が出てきます。
生まれた心の余裕を(金銭的な余裕を?)、どこに使いたいのか? なにをもって余裕を埋めたいのか? 女子に甘えられることで埋めたい――こういう男子、意外と多いのでは?
だからナイト産業の明かりが消えない、と言えば、ある特殊な世界の話のように聞こえるかもしれませんが、夜の、女子がいるお店って、「ごくふつうの」男子が通っているものです。
(ひとみしょう)
1

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事