こんなに好きなのに…年上彼氏との恋が長く続かない理由とは?

最近あるアラサー読者さんから、このような相談を受けた。

「年上好みの私は、いつもアラフォー男性ばかりを好きになります。既婚者とか不倫とかそういうんじゃなくてちゃんと独身の人を選んでるのに、それでもなぜか恋がうまくゆかない……。まわりを見てみると、男性だけじゃなく40歳オーバーの女性も恋が続いてるケースってどうも少ないみたい。40歳を過ぎて恋愛をうまくゆかせること自体、もしかしたら難しいの?」(30代・金融)

本当に40歳を超えると恋愛はうまくゆかないのだろうか?今日はそこを追求してみよう。

1.生活を変えられない


・「若い人には分からないかもしれないけど、人間40歳も超えると『生活パターン』がほぼ決まる。どんな物を食べるとか、どんな店に入るのか、休日は何をして過ごすとか……そういう事がローテーションみたいになっちゃって、今更それを崩すのって難しい。結婚したい、って気持ちが全くない訳じゃないんだけどね……」(40代・男性・技術職)

・「結婚していまさら生活を変えるのが面倒。リスクを冒して結婚するほど魅力のある男性もいないし、そこまで相手を好きにならないし……」(40代・女性・保険)

――40歳を過ぎた人の恋愛がうまくゆかない理由として、圧倒的多数だった声がこれである。
「誰かと生活するなんて無理」「自分の生活にもう他人に入ってきてもらいたくない」「いまさら自分の生活のリズムを変えられるとは思わない」「生活を変えられるほど好きになる異性にも出会えない」というやや消極的な意見が目立った。40代男性に恋するアラサー女性にとっていちばんの強敵は、この「彼が築き上げてきた習慣」なのかもしれない。

2.自分を変えられない


・「僕はもう何年もあるアイドルグループの熱烈なファン。給料のほとんどを彼女たちにつぎ込んでると思う。周りの女性に言うと引かれるから絶対に言ってないけど、たとえ仮に誰かと結婚できたところで彼女たちを応援する楽しみをやめれるなんて思えない。だから結婚か彼女たちかを選ばなくちゃならないなら、迷わず自分の趣味を取りますね」(40代・男性・IT)

・「このトシだから自分の欠点やダメなところはよーく分かってるけど、その改善に無理して取り組むだけの根気なんてもうない。こんなダメな自分を男性に押し付けるのも申し訳ないし、恋や結婚にはますます消極的になる……」(40代・女性・専門職)

――「変えられない」シリーズの第2弾がこちら。
生活や習慣のほか、「自分の性格や好みや趣味を変えられない」という意見が非常に多かった。実際は「変えられない」のではなく、「変えるのが面倒でやりたくない」「もう変えたくない」という方が正しい言い方かもしれない。
歳をとると自分のこだわりが強くなり柔軟性がなくなる。
長年かけて作り上げられた「自我」を一定の年齢を過ぎてから壊すのは容易なことではないのだ。

3.いまさら妥協できない


・「恥ずかしいんだけど、この年齢になってもまだどっかで『理想の女性』との出会いを待っている自分がいる。キレイで優しくて思いやりがすごくあって、いつも笑顔でいてくれて、出来れば僕より若くて……。そんな女性となかなか出会えないのはよ~く分かってるんだけど、この夢が叶わないなら別に結婚なんてできなくていいや、って思ってしまう……」(40代・男性・インストラクター)

・「正直、ここまでひとりで頑張ってやってきたんだから、異性との付き合いに関しては絶対に妥協したくない。よく“条件を緩めれば結婚できる!”とかいうけど、いまさらそんな中途半端な人と付き合うくらいなら、ずっとひとりでいたほうがマシ!!」(40代・女性・経理事務)

――「年齢も年齢なんだし、もう付き合ってくれる人なら誰でもいいじゃん!」ではない。彼らは「40歳をオーバーしたからこそ、いまさら妥協などできない」「そこまでして結婚したくなはい」のだ。
人間トシを取ると他人に対して寛容になるとは言うが、こと恋愛や結婚に関しては話は別。ゆるくなるどころか自分の価値観を相手に主張したがる。
「この歳までずっと待ってたんだから、貧乏クジなど引きたくない」
「いまさらカスなんてつかみたくない。自分のいいと思った相手とじゃなきゃ無理」……となってしまうのだ。

アラフォー男性との恋をうまくゆかせるには、相手の「習慣」になること


イギリスの小説家、ジョージ・メレディスの名言に、こんな言葉がある。

「四十歳を過ぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう……」

……そう、手放せないのは「習慣」である。これは男性だけの話に限らない。年齢を重ねると、女性も「これまで築き上げてきた自分の習慣」を異性よりも愛おしく感じるようになってしまうのだ。

では、もしあなたが40歳もオーバーした男性を好きになってしまったら、どうすれば良いのだろうか?
答えは「彼の習慣の一部になること」である。向こうはいまさら、自分の生活スタイルを変えられない。ならばあなたが彼の生活に組み込まれてしまえばよいのだ。
彼の趣味や好みを理解し、それを妨げないように付き合うのもよい。もしあなたにその手腕があれば、あなたの好みを「彼の習慣の一部」にしてしまえば言うことなし。

大切なのは相手を警戒させないことだ。
「この女は今まで俺が作り上げてきたものを奪うのでは?」
「自分の生活スタイルが壊されるのでは?」と思われた瞬間、40歳を過ぎた彼との恋はすべて台無しとなる。
「彼に合わせるなんてできない」「こっちだって自分を変えたくない!」というのであれば、変わってくれる可能性の高い年下の若い男性のところに行ったほうが良いだろう。

年上の彼との恋においては、あなた自身が彼の「生活の一部」「習慣」になることである。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡