頼りにしない方がいい”勘違い系アネゴタイプ”な女友達

自分の周りに1人や2人くらい、「この人恋愛のことよく分かってる! お言葉がどれもこれも深イィ〜!」って思っちゃうような、「イイ女臭」を放っている女子っていません? ちょっと中村アンちゃんみたいに髪の毛かきあげながら、恋愛論を語ったりする人ね。クンクン……臭う、臭うぞッ!

でも、そういう人って、よくよく話を聞いてみると、「あれ? これってただの尻軽ちゃん?」「ん? ただの自慢かな?」、と肩透かしにあったような気分になることって多いんですよね。そんな女子に遭遇したら、要注意! それは「イイ女」ではないッ! 「イイ女」の皮を被った、「勘違い系イイ女」というまったく別種の生き物だ!

というわけで、今回はあちらこちらに潜伏している「勘違い系イイ女」の特徴について考えてみましょう。

1. 浮気や不倫をあえて肯定する


まずはこちら。浮気や不倫、略奪恋愛などの禁断の恋を、“あえて”肯定することです。一般的には倫理的にアウトな行動を擁護することで、「私って酸いも甘いも分かってるイイ女だから〜」というキャラを演じがちな「勘違い系イイ女」。

彼女たちは、すぐに「オトコとオンナってそういうものじゃん……?(前髪をかきあげながら)」という感じで御託を並べるため、一瞬言いくるめられそうになりますが、ふと我にかえると「え、それ違うでしょ」とスンッとなってしまうんですよね。

2. 過去のダメ恋愛の経験値を語りたがる


次に、自分の過去のダメ恋愛の数々を、まるで武勇伝のごとく語るのも「勘違い系イイ女」の特徴です。「やっぱ恋愛ってさ、ダメな経験をたくさんして、それで成長するものじゃん?」というスタンスを取ってはいるものの、実際はただ恋愛に失敗し続けているだけで、そのダメっぷりは現在進行形である……。こんなパターンも少なくありません。

こういった女子に恋愛相談をすると、とんちんかんなアドバイスをしたり、より状況が悪化するような助言をしてくることも多々あります。自分が傷心中で判断が鈍っているかもしれない、と思うときほど、こういった「勘違い系イイ女」に恋愛相談することは控えておくのがよいでしょう。

3. 略奪に成功したこと=モテると錯覚


EDITOR

ヤマグチユキコ
20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事

今、あなたにオススメ