"俺が欲しかったのはそのひとこと" 男がまた誘いたくなる別れ際のフレーズ3選

「デートしてる最中もそうだけど、終わったそのあと……そう、“別れ際”が肝心なんだよなぁ」

……とある30代男性が、私の前でこんなふうに本音をつぶやいた。なんでも最近デートした女性から、お別れの場面で「ちょっとだけ疲れちゃいました……」と味も素っ気もない言葉を告げられすごくガッカリした……んだとか。デートの最中は感じが良かったのに、「彼女のことはもう誘う気になれない」と思った……とのこと。そんな風に思われてしまってはせっかくデートまでこぎつけたのに元も子もない。
今回は、男性に印象深い別れを与えるべく「別れ際の女の言動」を男性視点で見てみよう。

1.今日は楽しかった!


「最後に『○○くんといれて今日はすっごく楽しかった!』って言われると安心してホッとする。特に、はじめてのデートってお互い“査定”みたいなもんだし、その子にとって自分が合格だったかどうか、男は内心ビクビクしてるものなんですよ。だから『楽しかった、良かったよ!』って言葉こそ一日デートで緊張していた男の心を解きほぐしてくれます(笑)。『また誘いたいなあ~』って思うのは絶対こんな子です」(20代・建設)

――女がデートのあとで「彼、満足してくれたかな?」「なんか物足りないと思われてたらどうしよう……」と心配するように、男性だって不安になるもの。上の男性が語っているように、慣れないうちのデートは互いの品定めともいえる。相手の本心がわからず手さぐり状態……。そんなときこそ女性は恥ずかしがったりせず「あなたといて私は楽しかった!」と男性への自信を与えてあげるべきなのだ。イイ女は男を喜ばせるのが上手いのである。

2.ありがとう!


「以前、ドライブデートでその子を家まで送ったときに、『今日は運転してくれてありがとうございました!』って言ってくれた子がいて、なんかすごく印象に残ってる。それほど大した金額を遣ったワケじゃないけど、俺の支払ったガソリン代とか、運転する労力とか……そういうものをちゃんと気遣ってくれたんだな~って思うと嬉しかったな。『車持ってるなら迎えに来て当然!』って態度の女も多いから、余計そう思った。残念ながらその後深い仲にはならなかったけど、“あの子どうしてるかな~”って今でも時々思う」(30代・市場調査)

――たとえデートで彼の支払ったのが890円の昼食代だけで、内心では「なんかケチくさ……」と不満を抱いていたとしても、“デート後礼を言わない女”に明るい未来はやって来ない。おカネだけではない。あなたの家のそばまで迎えに来てくれたとか、駅のそばまで送ってくれただとか、「彼があなたのために費やした時間や手間」についても礼を欠かさずにすべきなのだ。印象深い女への道は簡単なようでいてついうっかり忘れがちなもの。「彼がしてくれたこと」を見落とすようでは、他の女子との差をつけるのは難しい。

3.え~~もうそんな時間? まだ、別れたくないな……


「キッツイ残業の帰り、別の課でたまたま居残ってた同僚とエレベータでバッタリ一緒になりうさ晴らしも兼ねて飲み屋に直行。『あの営業部の○○部長とかってありえないよね~』『新入社員の子がこんなことやらかしちゃったんらしいよ~』なんて盛り上がりながら飲み食いしてたら、いつの間にかラストオーダーの時刻に……。そしたら彼女がすっごく残念そうに『え~~~もうそんな時間になっちゃったの? まだ、○○くんと別れたくないのにな……』と言われ……正直、ドキドキした。でも同じ社内だし軽率なことはできないと結局その日は『終電なくなっちゃうよ~』って彼女を帰したんだけど、あの日の自分の意気地なさを今でも後悔してる……」(30代・IT)

――「男にとって究極の別れ際フレーズ」堂々第一位がこちら。
「時間が経つのがあっという間」「もっと話してたいのに」「もっと一緒にいたいな」……などのセリフと合わせて使うとより効果は倍増だ。また、このシチュエーションのように“終電まぎわ”などのビミョーな時間につぶやくと「もしかして……?」と男性をより一層ドギマギさせられるというおまけつき。
多用は禁物だが、「ここぞと言う場面」や「心底落としたい男性とのデート」などの勝負時に試してみると良いだろう。

男は女にうぬぼれさせて欲しいもの


男性を喜ばせる別れ際のフレーズをひとことでまとめると「相手の評価を上げる言葉を伝える」ということになる。

「あなたと一緒にいて楽しかった」
「あなたがしてくれたことにすごく感謝してる」
「別れたくない、離れたくない!」
という女の言動は、男の“うぬぼれ心”をくすぐる。
「俺と居て楽しかったんだ」「そんなに一緒にいたいの~?」という男性に芽生えたくすぐったい感情は、「それならコイツをまた喜ばせてやろう」という“リピート心”をも煽るものでもある!

「男をうぬぼれさせるなんてとんでもない、甘やかすとつけあげるだけ!」という恋愛に関する教訓もあるにはあるが、それは結婚してからの話(笑)。
付き合い始めやデートの別れ際に関しては男の自尊心をくすぐり、大いに自信を持たせてあげるべきなのだ。

特別に難しいことは何もない。
「ありがとう」「楽しかった」「また会いたいね」の3フレーズを忘れずデートにのぞもう!
そこにはあなたの笑顔も必ず添えて……。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ