春のコーデは色で楽しむ 定番ベーシックカラー&春カラーの着こなし術

春が近づくにつれ明るい色が着たくなりますよね。ピンク・イエロー・ブルー……おしゃれが楽しくなるこれからの季節は色ものをどんどんファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回は春カラーの着こなし術と、ベーシックカラーを春らしく着こなすコーデ術をご紹介します!


定番ホワイトは春も大活躍


ホワイトコーデ
ホワイトコーデ

まずは定番カラーでもありながら、春先に大活躍してくれる使いやすいカラー「ホワイト」。

この春には、思い切ってホワイト×ホワイトでまとめたコーデをオススメします。小物は馴染みやすく柔らかい印象をたもってくれるベージュやブラウン系でまとめるのが胆。
ホワイト×ホワイトに抵抗がある方はホワイト×デニムの爽やかな組み合わせからトライしてみてくださいね。

周りに差をつけるイエロー


カジュアルさがかわいい
カジュアルさがかわいい

今年個人的に注目しているのは「イエロー」です。なんとなく冬の終わりから春イエローがきたくてうずうず。感覚的にイエローアイテムを探している自分がいました。
トレンドの色や柄を取り入れるのももちろんおすすめですが、それだけではなく季節の変わり目に、自分が魅力を感じるカラーを取り入れてみるのもおすすめ。普段はあまり着ない色でも、気になるものがあれば春だからこそ大胆にトライしてみましょう。

さし色にイエローを
さし色にイエローを

こちらのイエローのシフォンスカートはビビットなカラーでありながら、素材が柔らかさを演出しているのでカジュアルなカットソーなどと相性がいいんです。
カジュアルなイメージをつけたい時、元気なイメージをつけたい時は、素材で遊んであげましょう。カットソー生地やスウェット素材・デニムなどとかっちりしたアイテムを組み合わせるのがおすすめ。
カジュアルさを取り除いて、もう少しきっちりした印象を与えたいのであれば白のシャツやレーヨン素材のテロっと感がでているトップスを合わせてあげればキレイにまとまりますよ。

やっぱり春はピンクで決まり


お気に入りのピンクを見つけてみて
お気に入りのピンクを見つけてみて

ピンクは2016年の春、ぜひともおさえておいてほしい一色のひとつ。
淡いカラーからビビッドなカラーまでピンクといってもさまざまありますが、それは1度、自分の顔や体にあててみてどの色味が似合うかをチェックしてみてくださいね。
同じピンクでも人それぞれ似合うカラーがあるので、「私にはピンクは似合わない」……と一概に決めつけず、いろいろなピンクを手にとってみれば自分に合うものが見つかるかもしれません。
アイテムを選ぶ時は、春ならではの軽い素材やミニワンピースなどからちょっとずつピンクをとりいれるのがおすすめです。

たとえ同じようなコーデでも、合わせるカラーによってイメージはぐっと変わります。
ピンクを主役に柔らかさを保ちたいのであればブラウンやホワイトなどと合わせればガーリーに。辛口なコーデに仕上げたい場合はネイビーやブラックをメインとすればキリっとした印象になります。
TPOに合わせて色んなカラーで遊んでみてくださいね。

寒い冬が終わり気持ちも行動もアクティブになる春。新鮮なファッションで毎日を楽しんでください!
(長屋なぎさ)
1

EDITOR

長屋なぎさ
アパレル企業への勤務を経てLIFE STYLE PLANNERとして独立。 現在はHAWAIIセレクトショップのクリエイティブディレクターとしても活動

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきファッション・コーデ記事5選♡

新着記事